「独身の日セール」で今年も記録更新!

 「独身の日(シングルデー)」とされる11月11日の午前0時ちょうど、世界最大のネットショッピングセール「W 11(ダブルイレブン/双十一)」が幕を上げた。果たして今年2019年も取引高の記録を更新するのか?中国のみならず世界中が熱い視線を送った。

 W11の主役であるアリババ運営のECサイト「Tmall(天猫)」が仕掛ける「Tmall W11ショッピングフェス(天猫双十一購物狂歓節)」では、10日夜から上海で「2019天猫双十一晚会(W11パーティー)」が開催され、中華圏の人気芸能人のほか、日本からは声優の花澤香菜、米シンガーソングライター、テイラー・スイフトがパフォーマンスを披露。会場を大いに盛り上げた。

 そして11日午前0時になると同時に巨大スクリーンに取引高がリアルタイム表示され、1分36秒で100億元(約1500億円)を突破。昨年の2分5秒を更新した。その後も勢いは止まらず、以下のように過去最速での取引高更新を連発した。

5分25秒=300億元突破
12分49秒=500億元突破
17分06秒=571億元突破(2014年総取引高)
1時間1分32秒=912億突破(2015年総取引高)
1時間3分59秒=1000億元突破(昨年から43分23秒更新)
1時間26分7秒=1207億元突破(2016年総取引高)
10時間04分49秒=1682億元(2017年総取引高)

注文のピーク時には1秒あたり54.4万件を記録。驚異的な注文数の集中のためか、一部ユーザーのアリペイアプリに障害が発生した。

今年のW 11では景気の減速や国からの指導による電子タバコの販売中止などのマイナス要素もあったが、「手数料なしの24回分割払い」の導入や地方在住者に多い新規ユーザーの開拓などの結果、初日は大成功となったようだ。

W 11のニュースは17:10から

一方、最大の競合サイトである「JD.com(京東)」でもW11セールを開催。11月1日午前0時〜11日午前0時の注文総額が1313億元を突破したと発表した。同社の最新データによると、11月11日の0:00〜1:00の取引額は昨年比320%、決済ピークは昨年比327%に達し、ローンの取引額は10秒で1億元(約15億元)をに達したという。

 また物流業界もこの膨大な商品配達に大慌てだ。
 大手メディア「新京報」によると、W11のピークに対応するため物流各社は従業員の増員を行い、アルバイト・パート、外注業者、さらには従業員の親族も採用し、40万人近くを確保したと報道した。

 物流大手「申通エクスプレス」は、 W11期間に4万人を増員、主に仕分け部門など特別な技術のいらない持ち場に配置。比較的専門性の必要な現場には、事前に新規採用者への訓練を行い、ピーク時に対応できるように努めた。また期間中は奨励手当のほか、基本給がほぼ2倍以上にもなるという。

 別の物流大手「中通エクスプレス」では、増員のほか、1万台を超える車両が新たに投入されたと報じた。

 国家郵政局のデータによると、今年のW11のピークは11月11日から18日まで続くと予想。この間の総配達件数は28億件に達すると見られている。

<参照サイト>
https://www.toutiao.com/a6757884926332240391/
https://www.toutiao.com/a6757913275679130120/
https://www.toutiao.com/a6757880351235768839/
https://www.toutiao.com/a6757843422238736903/
https://m.gmw.cn/toutiao/2019-11/11/content_122826275.htm?tt_group_id=6757840887482417671
https://www.toutiao.com/a6757923432593097223/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です