日本発「QRコード」、なぜ中国でブレイク?

 昨年末から日本でもPayPayやLINE Payなどの競争でQRコードが身の回りに増えてきた。しかし中国では数年前よりアリペイ(支付宝)、ウィーチャットペイ(微信支付)などのスマホ決済を代表として今や生活シーンがQRコードなしでは成り立たないほどになっている。
買い物だけでなく、飲食店での注文、公共交通機関への乗車、違反金の支払い、病院や銀行の順番待ちにまでQRコードが活用されている。

 そんなQRコードだが、実は日本発のテクノロジーだということをご存知だろうか?
1994年、愛知県にある自動車部品メーカーのデンソー(QRコードの部門は、デンソーウェーブとして独立、子会社化)の原昌宏氏が筆頭となって開発した。QRとはクイックレスポンス(Quick Response)の頭文字で、その名の通り、素早く読み取れるバーコードを目標として開発がスタートした。実用化後も特許料を徴収せず、コードをオープン化したことにより、世界中に広まったとされる。ちなみに「QRコード」という名称は同社の登録商標で、一般的な名称は「二次元バーコード」だということも意外と知られていない。

 さて、このQRコード、生まれ故郷の日本ではなく、中国社会で爆発的にブレイクした理由は何だろうか?

 総務省によれば(平成30年版 情報通信白書)、QRコードが特に決済手段として広まったのは、中国では現金が入手しにくい環境にあるからではないか、としている。なぜなら、人口当たりのATM設置台数が日本の7割程度にとどまっており、国土当たりの設置台数となると日本とは3倍近い開きができ中国では1キロ平方あたり0.09台しかないからなのだそう。

 しかし日本も銀行の経営合理化でATMの統合が進んでおり、中国のATMが少ないというよりは、日本のATMがこれまで多すぎたのでは?という見方をすればこれが決定的理由とは言い難い。

 また、QRコードは、従来のインフラと異なり、整備コストも比較的安い。例えば、クレジットカードやICカード決済を店舗に導入しようとしたら、高価なカードリーダーを購入して接続しなければならない。しかし、QRコード決済であれば、QRコードを印刷してレジ前に貼っておきさえすれば、支払われた額から手数料が引かれて口座に入金される。この手軽さも普及の大きな要因の一つと言えるだろう。というのも中国へ旅行すると大衆屋台から、ストリートパフォーマー、路上生活者まで、彼らの前にはQRコードが掲示されていることに驚かされる。それほどキャッシュレス決済が生活の中で当たり前のものになっているのだ。

 ところが最近は、指紋や顔など生体認証による決済も次第に普及しており、QRコードの行き先は決して明るくはない。新たな活用法を見つけるか、そうでなければ近々「過去の遺物」と呼ばれる存在になってしまうかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です