中国に学ぶ、QRコード決済の詐欺の手口

 PayPayやLINE Payの普及により、日本でも認知が高まってきたQRコード決済。
あまりにも手軽にお金を支払えるため、様々な面で危険はないのか?と心配する人も多いのではないだろうか。実際のところQRコード決済大国の中国では、詐欺事件も頻繁に起こっているという。

 QRコード決済にはいくつか方法があるが、そのひとつに、店のレジなどに設置されているQRコードを客が自分のスマートフォンで読み取るというものがある。
決済用のQRコードは、店側がタブレットに表示するパターンもあるが、印刷しただけのものも多い。

 詐欺の格好の標的となるのは前者の方。店に設置してあるQRコードの上に「偽物」を一見ではわからないように貼り付けておく。すると、気付かずに読み取った客から店ではなく犯人の口座に次々と入金されていく仕組みだ。

 この「偽QRコード」は店だけではなく、街中のシェアサイクルのような無人サービスにも被害が出ており、アナログだが、ポピュラーな詐欺の手口だという。さらには、光熱費の督促や、駐車禁止の罰金の支払いを偽装しているケースもあり、あの手この手でお金をだまし取られる。

 最悪のケースになると、お金を取られるだけにとどまらず、不正なソフトがダウンロードされてしまい、スマートフォンを乗っ取られたり、個人情報を抜き取られるケースも報告されている。
たやすくダマされてしまうのは、QRコード決済が当たり前に社会になじんでいる証ともいえる。

 こういった被害を防ぐ有効な対策として、静脈認証や顔認証による決済も徐々に導入されているが、その手軽さゆえにQRコード決済はまだまだメジャーな決済方法である。

 これら中国の事例を教訓に「日本は安全」と決めつけず、決済のときあて先をしっかり確認したり、レジ前のQRコードに不審な点はないか、プリントされたQRコードでは決済しないようにしたりするなどの対策を念のため頭の片隅で意識しておいて損はないだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です