中国マメ知識「996」

 「996(ジウ・ジウ・リュウ)」とは午前9時出社、午後9時退社、週6日勤務という働き方のこと。

 ある調査によるとIT企業では、このようなことが日常茶飯事となっており、84社がブラックリストに入っていることもわかった。

 ある地域密着型情報サイトの人事部が、社員に対して「午前9時出社、午後9時退社、週6日勤務」の実施と、残業手当や休日の振り替えがいっさいないことを通知したというところからこの言葉が広まった。

 2019年3月、IT企業で働くプログラマーたちが「996勤務」を強いられていることをネット上で暴露し、仕事のボイコットを発表。この混乱の収集を図るため4月12日、SNSサイト「ウェイボー(微博)」でアリババグループは当時会長だったジャック・マー(馬雲)氏の「996勤務は良い見返りのあるものだ」との発言を投稿した。これがさらに社会の強い反発を引き起こし、ジャック・マー氏は即日で「いかなる会社も社員に996勤務を強制してはならない」との弁明を発表した。

ちなみに言葉の流行を受けて「996」をもじった言葉も登場。
「午後9時就寝、午前9時起床、6時間勤務」、
「午後9時に寝て、午前9時に起きて、1日パン6個だけ(の生活)」、
などのパロディとも自虐とも取れない投稿がネットで話題になった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です