20代前半の若者は何に出費するのか?

 中国メディア「中新経緯」によると、コンサルティング会社「iResearch(艾瑞諮詢)」がこのほど発表した「2019年中国95後洞察レポート」で、1990年代後半に生まれた20代前半の若者(以下「95後」)の月間平均販売額は3000元(4万5000円)を超え、昨年に比べて、多くの「95後」がネットショッピング、旅行、教養分野で消費金額が増加していることがわかった。

投資信託の習慣

 レポートでは、調査した「95後」の半数以上が投資信託の習慣を持っていて、日常の消費は常識的で、少々高額の出費をしても、個人で払える範囲内に留めていると分析している。「95後」の投資信託の多くは、ファンドや「余額宝」などの投資信託商品や定期預金を主とし、リスクの高い投資信託商品の購入には慎重だという。

【余額宝】アリババグループの決済アプリ「アリペイ(支付宝)」のチャージ残額を使った投資信託サービス。

 買い物については、ネットショッピングがすでに日常的になっている。「95後」が最もよく使うECサイトはアリババ運営の「タオバオ(淘宝網)」でカバー率は96%、その次は同じくアリババ 運営の「Tmall(天猫)」とその競合大手の「京東(JD.com)」だ。「95後」はインターネットの発展と共に成長した世代として、ネットでの買い物は彼らにとって当たり前のことであり、6割以上の「95後」が毎日ECサイトにアクセスしている。

 デジタル製品の好みにおいては、中国ブランドが突出している。かつて海外ブランドが強かったジャンルでも、「95後」は中国ブランドに対する愛着を示す。Appleは依然として「95後」に人気の高いブランドではあるが、人気ブランドトップ10の中で、中国ブランドが半分を占め、通信機器メーカーのファーウェイがAppleに次ぐ結果となった。トップ30の好きなブランドの中では、中国ブランドの比率は33%に達し、どの国のブランド数よりも多いという。

趣味が多様化、娯楽関連に出費

 「ドラマを見る」「音楽を聴く」「旅行する」が「95後」の余暇の中で最も好きな娯楽活動となった。データによると、映画やドラマが大好きと回答したのは77%、音楽が大好きと回答したのは75%にも上った。「旅行が好き」が57%で続いている。

 働く人たちと比べて、「95後」はネット動画を夜や週末などまとまった余暇に見るのが一般的で、断片的な時間を使う割合が比較的低いという。一番好きなコンテンツは映画で、次はドラマとバラエティー番組だ。ショート動画では、抖音(TikTok)が大きなシェアを持ち、使用率は88%に達した。映画では好きな作品TOP 10の中に、深みがあり演技の脚本が優れたクラシック映画と大ヒット映画が多い。ドラマでは、好きな作品TOP 10の中で、歴史ドラマが制作の緻密さ、内容と主演の優秀さによってベスト3を占めている。また現代ドラマも、俗っぽくない内容と本数で多くの「95後」を引きつけている。

 「95後」の家庭の月間平均収入は1万646元(約17万円)だった。中国統計局が発表したデータによると、2017年上半期の全国住民家庭の月収は6250元(約9.4万円)なので、「95後」の家庭収入は全国住民家庭の70.8%を上回っていることになる。この群は比較的の裕福な生活条件の中で成長した若者で、文化・娯楽・サービス関連の消費を好むという。

アイドル、二次元キャラに夢中

 「95後」は芸能人に夢中になる傾向があることもわかった。調査した半数以上が自分の好きなアイドルやスターがいると答えた。特に女子は生まれつき感情がきめ細かくて豊かなため、アイドルを応援する割合は男子より高くなっている。

 アイドルはすでにビジネスとなっており消費財になった。「95後」は好きなアイドルにお金を使いたいと考えているが、調査では41%の「95後」が実際にアイドルのために消費したことがある。また過去1年間の平均消費額は1365元(約2万円強)にも達している。

 また二次元キャラクターに夢中になる傾向が強いこともわかった。二次元ファン層の半数は「95後」で、彼らはこの層の主力となっている。彼らは三次元(現実世界)に比べて、二次元の世界は比較的単純で、笑いや成長がテーマのアニメ作品はユーザーに癒しと温もりをもたらすと考えている。

 それだけでなく、商品購入にも積極的だ。二次元キャラクターの年間平均消費金額は、およそ1500元(約2.6万円)に達しており、キャラクター関連商品を最もよく購入するという。

<参照サイト>
http://www.jwview.com/jingwei/html/12-12/279333.shtml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です