中国マメ知識「ビリビリ動画」

 ほとんどの国外の動画サイトにアクセスできない中国では、数年前から「ビリビリ動画(https://www.bilibili.com)」(上海幻電信息科技有限公司)というサイトが流行している。

 「ビリビリ動画」には、ユーザーが自由にアップロードした動画もあれば、アニメや映画、ドラマなどの公式配信された動画もある。ジャンルは多種多様で、食レポからゲーム中継まで、若い世代のインターネットユーザーの生活を反映している。

 日本のニコニコ動画と同様に、画面からコメントが流れ去る(弾幕)システムが採用されている。愛好家同士で会話を交わしながら動画を楽しむことが可能で、交流の場にもなっている。

 利用は基本的に無料であるが、コメント投稿や動画投稿をする場合はユーザー登録が必要で、さらに以前はサイト運営がそのために作成した「オタク知識」を問うテストを通らなければならなかった。

 2010年の開始当初から、著作権にまつわるトラブルが絶えなかった。しかし、経営会社の事業拡大でアニメ制作に参加するようになってからは、公式配信が増え、投稿の審査も厳しくなり始めた。近年では反社会的内容が含まれる動画の蔓延も問題化している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です