中華食事

箸の作法は?残さず食べるのはNG?中国の食事マナー

食器の扱い、会話の声量、食べることで出る音やタバコなど、食事中のマナーは国や場所によって、さらには人によっても基準が様々。日本では当たり前と思うものでも中国では全然違っていたり、もちろんその逆もあります。今回は中国での食事マナーの一例を紹介したいと思います。

目上の人が箸をつけるまで食べ始めない

中国では食事前の「いただきます」はありません。主賓、目上の人が食べ始めたのを確認してから箸をつけましょう。家庭でも年長の祖父母が食べ始めるまで子供は待ちます。

汁もの・麺類は音を立てない

最近はヌードルハラスメント(ヌーハラ)という言葉もありますが、日本では蕎麦の香りを楽しむため音を立ててすする人もいるなど、麺をすする音には比較的寛容なところがあります。しかし中国ではNGとされています。大半のマナー違反は大らかに受け流してくれる人が多い中国でもこれをやると周りがザワつきかねないので気をつけましょう。

全部食べずに、少し残す

日本では料理を残すのは作ってくれた人に失礼だと考える人がいますが、中国では少々料理を残すくらいがむしろ好ましいとされています。なぜなら、残さず食べてしまうと「おかずが足りなかった」という意味にとられてしまうからです。

ただし、残すのはあくまで回転台の上の大皿にレンゲ一口分、自分の取り皿に取った分は食べ切るのがマナーです。

残すことにどうしても罪の意識を感じてしまうという方は、中国ならほぼ全てのお店で食べ残した料理を「打包(ダーバオ)」(=テイクアウト)できます。以前はどの店でも持ち帰り用の簡易容器を無料サービスでもらえましたが、最近では資源の無駄だという風潮に押され、容器代を取られる店も増えてきました。

口から出したらお皿に戻さない

なるべく汚さずキレイに食べる人からすると中国でテーブルいっぱいに料理を食べ散らかしている様子を見るとカルチャーショックを感じるかもしれません。しかし、そのような食べ方は口から出た肉や魚の骨、甲殻類の殻などのゴミをお皿に載せることの方が汚いと考えているから。また中国では食事後に食器や食べカスを大きなテーブルクロスごと一気に片付けるので、飲食店側のテーブルを汚される対策も万全です。

しかしどうしてもテーブルを汚すことに抵抗があるなら、「骨碟(グーディエ)」(=骨や殻を入れる皿)を使いましょう。自分の席のお茶碗(取り皿)の下に置かれている平たい皿です。そこに口から出した物を置いてある程度たまったら「服務員(フーウーユェン)」(=接客係)を呼んでお皿ごと取り換えてもらいましょう。

日本と似ている?お箸の作法

中国では日本ほど箸の作法に厳しくはありませんが、中国人家庭で育った筆者もたて箸(仏箸)は幼少期よりダメだと教わっています。日本と同じく死者に供える「枕飯」から来ています。よって中国でもたて箸をするとマナーがなってないと思われます。

また中国では直箸でおかずを取り分けることがありますが、誰も汚いとは感じません。むしろ友好の印だとされています。

タバコはマナー違反じゃない?

世界の喫煙人口の約1/3を占める中国では長らく食事中の喫煙はOKでしたが、2017年3月1日から上海の屋内の公共の場、職場、公共交通機関、ホテル、レストランなどが全面禁煙となりました。こうした取り組みはまだ限定的ですが、中国でも嫌煙家は徐々に増えており、今後全国に広がっていけば食事中は禁煙になる日も近いかもしれません。

「楽しむ」ことが一番の礼儀

国土が広ければ地域によって文化も習慣も違う中国で人々が集まって食事をします。たくさん食べたら自然とゲップが出る。会話が弾んだら声のボリュームも上がる。食事はいちいち細かいことを気にせず楽しむべきというのが中国的な感覚。そのため余計なことは考えず、思う存分料理を美味しくいただくことが用意してくれた人への礼儀なのです。 食事の席で最も大事なマナーは間違いなく、「楽しむこと」だと言えます。
【ライター:小馄炖】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です