中国出張はVisaやJCBで大丈夫?中国のクレジットカード事情

中国に旅行や出張に行く際、日本で使っているクレジットカードは現地で使えるの?中国は「キャッシュレス先進国」と言われるけど、外国人でも「アリペイ(支付宝)」や「ウィーチャットペイ(微信支付)」は使えないの?今日はこの疑問についてお答えします。

端的に言うと、VISAやマスターカード、JCBといった国際ブランドカードは中国では想像以上に普及していません。高級ホテルや百貨店、外国人が多く出入りするレストランやバー等に限定され、タクシーや地元の人向けの小売店、食堂ではまず使えません。北京や上海などの大都市でもこのような状況なので、地方都市に行くと利用可能な場所は極めて限られます。しかも本来は店側が負担するはずの手数料を客側に要求してくる店もあります。

 日本から行く場合の方法として、まずは中国で最も普及している「銀聯(ぎんれん)」カードを渡航前に作っておく方法があります。三井住友カードや三菱UFJニコスなど一部の大手カードでは、子カードとして銀聯カードを簡単に作ることができます。

次にATMでのキャッシングです。VISAやJCBカードで海外キャッシングサービスを事前に設定しておけば、現地ATMで簡単に現金を引き出すことができます。キャッシングは次の引き落とし日までの利子が掛かりますが、空港などで現金両替をするよりはコスト面でお得です。

さて中国人の日常的な支払いに話を移すと、ご存じのように完全なキャッシュレス社会に移行しています。「財布を持ち歩かない」というのは決して誇張でなく、多くの若者はスマホ一つであらゆる買い物を済ませています。街角の売店から映画館まで、今やスマホ決済に対応していない場所はまずありません。大都市に限らず、貴州省の山奥にある少数民族が暮らす村にいってもスマホ決済が使えるほどです。

ただこの極めて便利なスマホ決済ですが、最近までは現地で銀行口座を持っていることなどが利用条件でした。そのため中国で暮らしている日本人はともかく、旅行者が利用することはできませんでした。

しかし朗報として、2019年11月から「Alipay Tour Pass」という外国人旅行者でもアリペイで支払う方法ができました。具体的には、まずアリペイアプリをダウンロードし、パスポートや保有する国際クレジットカードの情報を登録します。プリペイド方式になっており、使用前に100元(約1,500円)〜2,000元(約3万円)の範囲であらかじめチャージしておきます(チャージ手数料5%※注)。後は地元の人と同じような感覚でレストランやコンビニでスマホ決済を利用できます。使い残した金額は後日払い戻されるので、外国人にとっては非常に便利なサービスができたと言えるでしょう。

ちなみにウィーチャットペイも、すでに国際クレジットカードとの提携を発表していますが、2020年5月現在、国際クレジットカードの登録を試してみたところ操作完了できませんでした。登録できたという情報もあるので、今後の公式発表に期待したいところです。
【ライター:西山大地】

(注)チャージ手数料のほかアプリに登録したカードの発行会社から、チャージ額(人民元)×基準レート(カード会社により異なる)に外貨取扱手数料(カード会社により名称・料率が異なる)を上乗せした金額が請求されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です