【中国ニュース読み解き】上半期最大のEC商戦「618」大盛況!その陰で起こったバトルとは?

今年も大手ネット通販企業「京東(ジンドン/JD.com)」の創立記念日に由来する商戦「618」セールが行われました。11月に行われる「W11(ダブルイレブン)」と並ぶ中国2大ネット商戦の一つです。

毎年各メーカーともにW11同様、激しいプロモーション合戦や値引きイベントを繰り広げていますが、特に今年は新型コロナウイルス流行後、初めての巨大商戦とあって、海外からも高い注目を集めました。

結果としては、「ライブコマース」が中国全土を席巻し、昨年を超えるオーダー額となったのですが、同時にやや喜べないトラブルもあったようです。

今回は中国の報道から、618セールの裏側をのぞいてみましょう。

混乱招いた複数の値引きシステム

2020年、アフターコロナ下での618セールですが、京東の618セール期間中におけるオーダー金額は昨年を上回る2,692億元(約4兆3,072億円)。

さらに最大手である「天猫(Tmall)」の公式発表では6,982億元(約11兆1,712億円)と、W11を上回る莫大な数のオーダーがあったことが報道などによって伝えられています。
※1元=約16円(2020年6月18日時点)

しかし気になるのはその陰で、EC店舗と消費者の間のトラブルが起こっていたこと。6月18日、まさに618最大の盛り上がりを見せるその日付で、中国のビジネス情報メディア『中国商報』(2020年6月18日付)は、「“6.18”保价政策猫腻多 这些抗你踩过吗(6.18の価格保証はワナだらけ、こんなことはあり得ない!)」と、618セールにおける価格トラブルについて報じています。

問題の震源は「618キャンペーン期の前に購入し、その価格が618当日価格よりも高かった場合、その差額をお返しします」というキャンペーン。

消費者としては、商戦前でも商戦期と同様に最安価格だと信じて購入します。しかし実際は、いざ商戦期に入り値段がさらに安くなっていたことを知り、差額を返金してもらおうとしても、店舗側がのらりくらりと、いろいろな条件を付けて返金しないトラブルが起きているというのです。

そうした店舗の言い逃れを許してしまう背景には、そもそも中国ネット商戦における「価格」の定義があいまい、という事情があります。

618やW11では、とにかくお得感をアピールして消費者を引き付けるのが常道ですが、その手法が年々複雑になってきています。

例えば、「○○元購入で〇元値引き」、「紅包(ラッキークーポン)」、「ECプラットホームの割引と店舗割引」などなど複数の値引きシステムがあり、しかもそれらを組み合わせて使うことが可能です。

そうすると保証の基準となる「最安価格」とは、当該イベントで表示されている「特別価格」なのか、複数のクーポンやサービスを利用したのちの最終支払価格なのか、ECプラットホーム割引はそこに含まれるのか、店舗の割引は計算されるのか…などと、非常にわかりにくくなってきます。

数年前の「W11」でも同様の問題が取りざたされており、「W11の割引計算を学ぶ」というキャッチコピーによる「天猫大学」などというものまで開講したことがありました。

誰もが望む「お得感」。しかし中国のEC商戦でそれを得るには、キャンペーン説明を読み解く読解力と、複数のキャンペーンでの正しい割引価格を導き出す数学力が必要なのです。
【白圭HAKUKEI】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です