中国で興収450億円突破!『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』10月2日公開

© 2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

2018年に中国で起きた話をもとにした映画『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』。新型コロナウイルスの影響を受け、公開延期となっていた本作の公開日が2020年10月2日(金)に決定しました。

本作で、主演となる国民的英雄のリュー機長を演じたのはチャン・ハンユー。「金馬奨」、「金鶏奨」、「百花映画賞」、「華表奨」の四大授賞式すべてで俳優賞を受賞したことでも知られます。監督は『インファナル・アフェア』『頭文字D』を手がけたアンドリュー・ラウが務めています。

映画予告編に映し出されるのは、四川航空3U8633便。始まりは順調に思えるフライトシーンが描かれていますが「午前7時7分5秒」の文字が映し出されたあと、操縦室のフロントガラスにひびが入り、穏やかな飛行は一転します。機体は下降し、乱気流が発生。極限の状況の中、クルーが発したのは「信じてください。皆様を必ず守ります」の言葉。パニックに陥る機内で、クルーたちが懸命に奮闘する姿が切り取られています。

中国版「ハドソン川の奇跡」と称される本作は、2019年に中国で公開され、3週連続1位を獲得し興行収入450億円超えを記録したヒット作!日本での公開は、2020年10月2日(金)から。シネマート新宿・心斎橋ほかにて全国ロードショー予定です。

© 2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.
© 2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.
© 2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

あらすじ

2018年5月14日。重慶市からラサに向かう四川航空3U8633便。リュー機長をはじめとする9名のクルーは、乗客119名を乗せて飛び立った。当初フライトは順調かに思えた。

しかし、地上1万メートルの高空を飛行する中、突如操縦室のフロントガラスにひびが入り、瞬く間に大破。副操縦士のチェンの体が外に投げ出される。辛うじてチェンの体を掴んだリュー機長だったが、氷点下30度の冷風が前方から激しく吹き込み、圧力を失った操縦室は自動操縦も不可能になる。

激しく揺れる機体に、クルーたちの制止も虚しく乗客たちはパニックとなるが、それはまだ、その先に待ち受ける空前の危機の序章に過ぎなかった―。

リュー・チャンジェン役/チャン・ハンユー

©2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

ピ・ナン役/ユアン・チュアン

© 2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

フォアン・ジャ役/チャン・ティエンアイ

©2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話
原題:中國機長
監督:アンドリュー・ラウ『インファナル・アフェア』
脚本:ユー・ヨンガン
出演:チャン・ハンユー『マンハント』
   オウ・ハオ『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』
   ドゥー・ジアン『オペレーション・レッドシー』
   ユアン・チュアン『レクイエム 最後の銃弾』
   チャン・ティエンアイ『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』
   リー・チンほか
2019年/中国映画/中国語/111分/シネマスコープ/5.1ch
配給:アルバトロス・フィルム
©2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です