もちもち平麺の麻辣麺が新登場!夏に食べたい「ホテル中華」の激辛メニュー5品

東京・六本木の「グランド ハイアット 東京」のレストランでは、2020年8月31日(月)まで夏の激辛メニューを展開中!鉄板焼けやき坂ではスパイシーしゃぶしゃぶ、ペストリー ブティックではスパイシーカレーパンなど、期間限定で各店の“辛いメニュー”を味えます。本記事では、その中から中国料理「チャイナルーム」で味わえる激辛メニューを紹介します。

画像:チャイナルーム

今夏の新メニューという「麻辣麺」(2,000円/)。注目は、四川ピーシェン豆板醤と豆鼓醬ベースにたまり醤油やラー油を効かせたというスープ。牛ひき肉と平打ち麺に思いっきり絡めて、汗をかきながら食べたい一品です。

画像:チャイナルーム

暑い日にぴったりな冷たい麺メニューも登場しています。「ピリ辛葱とチャーシューの冷製汁そば」(2,400円)は、ラー油であえた黄ニラ、クラゲ、豆苗など具材がたっぷり。激辛好きな方は、別添えの唐辛子とニンニクの醬ソースをかけて、味変しながら楽しめます。

画像:チャイナルーム

帆立、ヤングコーン、アオリイカなどを炒めた「赤唐辛子の海鮮辣味炒飯」(2,600円/税・サ別)。上にのった海老がリッチ感満載のこちらの炒飯は、土鍋に入って提供されます。赤唐辛子の香りを堪能しながら、熱々を味わいたいですね!

画像:チャイナルーム

写真からも伝わってきそうなプリプリ感がたまらない「本場四川式ソフトシェルシュリンプのチリ炒め」(3,000円)。ソフトシェルシュリンプを2尾使ったという贅沢なひと皿です。

画像:チャイナルーム

辛いものが好きな方だけでなく、そうでない方からも好評だという「激辛四川麻婆豆腐」3,000円)。たっぷりふりかけられた粉山椒と真っ赤なソースに食欲を刺激される、シビレと辛さをとことん味わいたいひと皿です。

暑い夏こそ食べたい激辛スパイシーメニュー!
会場:チャイナルーム (東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京6階)
期間:2020年7月1日(水)~8月31日(月)
営業時間:ランチ平日11:30〜L.O.14:30、土日祝11:30〜L.O.15:00
ディナー18:00〜L.O.21:00

現在、同ホテルの各レストランは、ソーシャルディスタンス確保の観点から席数を減らしており、予約を推奨しています。また、新型コロナウイルス対策については公式サイトに詳細が記載されています。

※記事公開時の情報です。※価格は消費税・サービス料別です。価格や情報は現在とは異なる可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です