2020/05/16 カルチャー

中国酒「白酒」とは?その魅力やブランドを解説!

中国のお酒といえば「白酒」。中国を訪れたことがある方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。今回は白酒の概要から、有名ブランド、さらに近年の市場動向まで、その魅力をご紹介します。

「白酒」とは

白酒は、コーリャン(高粱)などの穀物を原料として造られた無色透明な蒸留酒で、アルコール度数は50度以上のものが多いです。「香り高い」ことが特徴で、その香りや味は産地ごとに異なります。各産地の白酒を飲み比べてみるのも面白いかもしれません。

白酒が飲まれる場面とは

さて、白酒はどのような場面で飲まれるのでしょうか。多くは、会社の接待春節などの一家が集まる場、また、結婚式などの冠婚葬祭で飲まれます。筆者が春節の際に参加した宴席でも、小さいグラスに白酒が注がれ、乾杯が行われていました。白酒は大事なイベントには欠かせないようです。

白酒の三大銘柄「茅五瀘」と各種ブランド

白酒の三大銘柄として有名ブランドが、「茅台(まおたい)」、「五粮液(ごりょうえき)」、「瀘州老窖 (ろしゅうろうこう)」です。これらの頭文字をとって、「茅五瀘」といわれます。 下記の表は、この三大銘柄を含む有名ブランドをまとめたものです。

ブランド名 産地 特徴・価格
茅台 貴州省茅台鎮 国賓を迎えるなどの公的な場にも出される中国を代表する白酒。1972年の日中国交正常化式典にも出された。香り高さが特徴。価格は数万円代のものが多く、年代物は数十万円する。
五粮液 四川省宜賓市 5種類の穀物(コーリャン、もち米、うるち米、小麦、とうもろこし)を原料とするため「五粮液」と呼ばれる。価格は数万円代のものが多く、年代物は数十万円する。
瀘州老窖 四川省瀘州市 「瀘州老窖」の名称は、四川省瀘州市の「老窖(古い穴蔵)」で醸造することに由来する。甘く爽やかな味わいが特徴。価格は数千円~数万円。
衡水老白干 河北省衡水市 1800年あまりの歴史を持ち、伝統的な白酒の一つ。価格は数千円~数万円。
汾酒 山西省汾陽市杏花村 こちらも伝統的な白酒の一つ。風味は甘くまろやかで、飲んだ後にも口の中に香りが残る。価格は数万円代のものが多い。
北京牛欄山二鍋頭 北京 北京で作られている庶民派の白酒。手頃な価格設定のため、北京を中心に人気がある。価格は数百円~数千円と手頃。

若者の「白酒離れ」が進む市場

上記のように、有名な白酒ブランドも多く存在しますが、近年は若者の「白酒離れ」が問題となっています。20代〜30代の若者の間では、白酒は値段が高い上に、度数が高くて飲みづらく、「おじさん達が飲むお酒」といった印象もあるよう。筆者が中国の知人宅を訪れた際には、ワインを片手に中華料理を囲んでいました。

若者向けの新ブランドが登場

各白酒メーカーは、若者の「白酒離れ」に黙って手をこまねいているだけではありません。近年、若者向けの白酒ブランドが数多く発売されるようになり、特に小瓶入りの「ミニ白酒」が注目を集めています。ここからは、若者向けブランドをいくつかご紹介します。

江小白

江小白酒業有限公司より提供

数年前から若者の間で話題となっている「江小白」。世界的なお酒の品評会であるブリュッセル国際コンクールの「Spirits Selection 2017」金賞を獲得した実力派です。

ミニ白酒のパッケージには若者の心を掴むようなポエムが書かれ、注目を浴びました。アルコール度数は40度と白酒の中では抑えめ、値段も1本320円程度と手頃です。

対白青春

対白青春(江蘇)酒業有限公司より提供

“青春と対話しよう”を意味する「対白青春」は、まさに若者向けのブランド。「天生就酷系列(生まれつきクールシリーズ)」は、クールでオシャレなパッケージが印象的です。

桃やりんごなどのフレーバーが楽しめる「四季沉醉系列(四季の酔いしれシリーズ)」もラインナップ。人気が高まっている注目の新ブランドです。

谷小酒

成都米小酒酒有限公司より提供

谷小酒」は、家電メーカー「小米(Xiaomi)」の出身者が2017年末に創業した白酒のスタートアップ企業。写真のお米の形をしたユニークなパッケージのほか、スタイリッシュな6本の小瓶セットなど、若者が手にとりやすい商品がそろいます。

小郎酒

「郎酒」の銘柄で有名な四川郎酒グループが若者向けに販売している「小郎酒」。昨年に放送した浙江TVの歌番組「2019中国好声音」とタイアップして、若者に広く知られるようになりました。

瀘小二

白酒三大銘柄の一つ「瀘州老窖」を手がけるメーカーが出した若者向けのミニ白酒ブランド「瀘小二」。「瀘小二 FOR ME」シリーズは、他のブランドと同様、若者を意識したパッケージです。

ご紹介したように様々なラインナップがそろう白酒。その白酒文化にはここでは語り切れないほどの奥深い魅力があります。近年では若者向けの新ブランドが立ち上がるなど、新たな展開を見せる白酒市場。伝統ある白酒をどのように守っていき、発展させていくのか。今後の市場動向に目が離せません。
【ライター:小静】

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング