2020/07/18 グルメ&イベント

中国茶専門店「遊茶」に聞いた「初心者におすすめ茶葉、夏にぴったりのお茶は?」

筆者は以前より自宅で中国茶を淹れていますが、ただし冬限定。夏場はお湯を沸かすのがイヤで麦茶ばかりです。とはいえ、そればかりではちょっと飽きる…。夏でも本格的な中国茶を美味しく飲みたい!と思い、専門店に聞いてみることにしました。


代表の藤井 真紀子さん

お話を伺ったのは、東京・表参道に店舗を構える「遊茶」。HPを見ると1997年からこの場所で営業されていて、中国茶の魅力を知ってもらう活動も積極的に行っているとのこと。代表の藤井さんと広報の嶌さんに、丁寧にお答えしていただきました。

夏を乗り切るためのお茶はこれだ!

冷たいものはあまり口にしない人が多いといわれる中国。最近でこそ若者たちにテイクアウトの冷たいお茶が人気ですが、本来お茶は熱いもの。熱湯で淹れても暑さをしのげると言われている茶葉がちゃんとありました!


白茶の一種「白牡丹」(左)と「雲南紅茶」(右)

①白茶
福建省特産の基本的には茶葉を放置するだけで製造されるお茶。取材の日は「白牡丹(ハクボタン)」というお茶をいただきましたが、お湯がぬるめになるまでじっくりと待って口に含むと、ふわっと花のような香りが鼻腔に抜けて、舌の上はさわやかで上品な旨味が広がります。この清涼感なら確かに夏場でも美味しく水分補給ができそうです!

さらに、漢方の考え方では白茶には「去熱」という体内にこもった熱を取り除く効能があるとされているのだとか。この点も暑い季節にはありがたいですね。

②雲南紅茶
名前の通り雲南省で製造される紅茶です。茶葉をお湯に浸しっぱなしでも、タンニンの渋みが出にくく、しっかりとした甘い香りと味が、スイーツを食べたときのような幸福感をももたらします。でも白茶と比べると濃いめのテイストでなぜ夏に?と考えていると、なんとなくお腹のあたりがポカポカとしてきました。

「紅茶は白茶とは逆で、体を温め、発汗を促す効能が期待できると言われているんですよ」(藤井さん)。

なるほど、夏は猛暑になる四川の激辛料理と同じく、汗をかいて体温を下げようという考え方なのですね!


水で抽出した白茶


しかし、やっぱり暑い屋外から帰ったときは冷たい物を喉に流し込みたい!という人のために同店では、「水出し中国茶」も提案していました!

作り方は、1リットルの水に茶葉10g程度を入れて、冷蔵庫の中で一晩置いておくだけ! 冷たい白茶を試飲させていただいたところ、冷水に茶葉の香りと旨味がしっかりと溶け出し、高原の森の中で心地よい風に吹かれているような、最上級のさわやかさです!これは1リットルくらいすぐに飲み切ってしまいそうで、冷蔵庫がお茶だらけになりそう…。

中国茶が初めての方には?

さて、これからいろいろな中国茶を飲んでみたいと思った方は、まずはどの茶葉から試してみれば良いのでしょうか?

「最初は、香りに優れた烏龍茶から試してみると良いですよ」(藤井さん)。

中国茶は産地や製法の違いにより香味が本当に様々。その中でも烏龍茶は花のような香りと豊かな甘みを持つことで、とりこになる人が多いとのこと。さらに中国茶が初めての方には個性が強めの大陸産よりは、全体的に優しいテイストの台湾産がオススメだそうです。

もう一つの選び方として、「あまり高すぎないお茶から始めていただくのがいいと思います」(藤井さん)。気軽にいろいろな種類を試してみると楽しいし、同店では手頃な値段のものでも絶対美味しい自信があるからなのだそう。


3gずつのパックで飲み比べに最適な「リーフティー・ポーションパック」


茶葉を1回分3gずつに小分けにした「リーフティー・ポーションパック」(5種入1,700円、7種入2,400円)も用意しているとのことなので、これから中国茶を始めたい方はこれで試してみてもいいかもしれませんね。


ギフト用の缶はポップなデザインであげた人に喜ばれそう

中国茶は「自由さ」が魅力?

最後に藤井さんが強調されていたのが「中国茶はとっても気軽に楽しめる趣味」ということ。

同店では50g1,800〜2,000円の茶葉を購入されるお客さんが多いそうですが、1回3gで何度もお湯を注ぎ足せて1日楽しめると考えると、確かにそんなにコスパは悪くないですよね。


手頃なものから高級品まで価格も様々なので、予算に合わせておすすめしてもらえるのだそう


また自分のライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのもいいところだと言います。

例えば、平日は茶こし付きのボトルやマグカップでラフに楽しみ、休日は茶器を使って優雅な気分にひたってみる、なんて付き合い方も。

正式な淹れ方では、茶葉によってお湯の温度や抽出時間を変えるそうですが、「日常的には細かいことを気にせずに沸騰したお湯を注ぎ、自分のタイミングで飲んでも十分に美味しいですよ」。

長い人生の時間の中で、自分がホッとしたいときに、その時々のライフスタイルに合わせて楽しめる。そんな中国茶の自由さをすべての人にぜひ楽しんでほしい、とのことでした!

もっと知りたい方のために


中国茶講座などが行われるセミナールーム


中国茶のことをもっと知りたい方のためには、セミナールームでの本格的な講座(入門〜エキスパート)も。店頭カウンターでのショートレッスンを行うなど、中国茶の魅力を発信されています。オンラインショップもあるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。


遊茶 YouCha
住所:東京都渋谷区神宮前5-8-5
電話番号:03-5464-8088
営業時間:11:30〜19:30
定休日:水(祝日の場合は営業)、年末年始


※記事公開時の情報です。

※価格は消費税込み価格です。価格や情報は現在とは異なる可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

ライター:老峰

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング