2020/07/30 デジタル&IT

原力・角川青羽・テンセントが共同開発!中国eスポーツVTuberチーム「千鳥」

株式会社KADOKAWAは、中国子会社である角川青羽(上海)文化創意有限公司(以下、角川青羽)と江蘇原力数字科技股份有限公司(以下、原力)、そして騰訊計算机系統有限公司(以下、テンセント)が共同でオリジナルeスポーツVTuberチーム「千鳥」を開発したことを発表しました。開発ディレクションは、KADOKAWAファミ通文庫編集部が担当、キャラクターデザインは日本人イラストレーターの坂野太河氏が担当したとのことです。  

モーションキャプチャーなどのデジタル技術においてトップクラスの実力を誇る原力、中国最大の映像配信プラットフォームをもつテンセント、そしてコンテンツ開発の経験豊富な角川青羽が開発した「千鳥」の目標は、最強のeスポーツチームになること。バラエティー番組でのゲーム実況やライブ中継など、ユーザーとの交流を深めていく活動をはじめ、コミック化、商品化などの二次展開も予定されているそうです。

「千鳥」の展開は中国国内向けとされていますが、世界的にムーブメントを起こしつつある「eスポーツ」と、デジタル技術の向上およびIP産業の拡大により盛り上がりを見せる「VTuber」がどのような相乗効果を見せるのか期待が高まります!

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング