2020/08/03 デジタル&IT

日本の約14倍、巨大な中国EC市場を牽引するECサイトまとめ

ここ数年でECサイトが急速に発展、「ポチッ」とすればたいていのものは手に入るようになりました。日本では楽天、ヤフー、アマゾン、メルカリ等多くのサービスが展開されています。用途に合わせて使い分けている方も多いのではないでしょうか。

お隣中国も様々なECサイトが存在し、最近では中国語や英語がわかれば日本からでも利用できるようになっています。経済産業省が公表している「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」内で示されているデータによれば、中国のEC市場規模は1兆5,267億ドル(約160兆3,035億円)で、日本の約14倍の規模とされています。今回はこの巨大な市場を形成するECサイトをピックアップしてご紹介いたします。
1ドル=105円で計算

淘宝(タオバオ)

日本でも、「淘宝(タオバオ)」の名前を聞いたことがある人も多いはず。「独身の日」のセールなどでおなじみのアリババが運営する中国国内向けのECサイトです。2003年にサービスを開始、今では中国国内最大級のECサイトとなっています。主にC2C(個人対個人)販売するスタイルです。

天猫(Tmall)

同じくアリババが運営するECモール「天猫(Tmall)」。企業が個人に向けて販売するB2Cスタイルです。出店者側の基準が厳しいため、ユーザーからすれば正規の商品が手に入るという安心感があります。モールによっては日本からも購入可。

AliExpress(アリエクスプレス)

アリババが運営する海外向けの越境ECサイトが、「AliExpress(アリエクスプレス)」。もちろん、日本からも購入することができます。タオバオと比べると「単価がすこし高い」「商品到着までに時間がかかる」などがありますが、それでも日本で販売されている同等の製品と比べると安価なものが多いです。2020年にはインフルエンサーと販売者をつなぐマッチングプラットフォーム「AliExpress Connect」をローンチ、海外展開を加速させています。

考拉(カオラー)

「考拉(カオラー)」は、中国国内向けの越境ECサイト。衣類・雑貨などのカテゴリはもちろん、アメリカ・日本・韓国からの直送や工場からの直送といったカテゴリも選ぶことができます。日本製品の中では化粧品、ベビー用品などが売れ筋のようです。もともとはIT企業・網易(ネットイース)が運営していたサービスでしたが、2019年アリババが買収し話題となりました。

京東(JD.com)

Tmallに次ぐ巨大ECモール「京東(JD.com)」。自社で仕入れ、消費者に販売しており、特に電化製品に強いといわれています。中国国内の商品や海外の商品、どちらも購入が可能です。また、日本からの購入も可能。創業記念日である6月18日に毎年開催される「618セール」は、「独身の日」のセールに次ぐ大型セールとなっています。

拼多多(ピンドゥオドゥオ)

共同購入による低価格を実現したECサイト「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」。主に地方都市のユーザーをターゲットとしており、微信(WeChat)との連携でアクセスを伸ばしています。共同購入スタイルなので、友達同士で一緒に買い物をする楽しみがあり、若者に人気。2018年に上海・ナスダックで株式上場を果たし、2020年には家電量販店の国美電器との提携を発表しています。

小紅書(RED)

中国版インスタともいわれる「小紅書(RED)」は、写真投稿+EC機能が一体となったサービス。写真投稿機能のほか、ユーザーが買ってよかった商品を紹介するコンテンツがあり、ユーザーが紹介した商品をアプリ内でも購入できるというもの。2019年10月時点ではMAU(マンスリーアクティブユーザー)の7割が90後(90年代生まれ)という若者に人気のサービス。

唯品会(ウェイピンフイ)

2008年にサービスを開始した中国国内向けのECサイト。さまざまなものが販売されていますが、アクセサリー、アパレルが多く女性ユーザーの支持が高いECサイトです。2012年にニューヨークで上場を果たし、国内外で話題となりました。また、2017年にはテンセント・JD.comとパートナーシップを結んだほか、2019年には杉杉奥菜というショッピングモールを運営する企業を買収しオフライン事業にも取り組んでいます。

中国国内で成長中のECサイト、近年では国内のみならず海外へと拡大を続けています。ECサイト同士が提携をしたり、買収したり、さらなる拡大が見込まれます。また、単純にモノを棚に陳列するだけでなく、ライブコマースを活用し積極的に売り込むという方法や、オフラインでの店舗展開など、新しい動きが今後増えていくかもしれません。
【ライター:くぼき ゆきえ】

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング