2020/10/05 中国旅行

はじめての上海!絶対行くべきおすすめ観光スポット3選

写真:CITIC PRESS Japan編集部(2013年撮影)

歴史的な建造物や近代的なエリアが入り混じる「上海」。せっかく観光に行くなら、定番の観光スポットをおえておきたいと考える方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、きれいな景色を堪能したり、買い物を楽しんだりできる、3つの上海おすすめ観光スポットをご紹介。はじめて上海を訪れる方なら、どれも外せない場所となっています!それでは見ていきましょう。


「東方明珠電視塔」で上海の景色を堪能 

上海明珠タワー
写真:CITIC PRESS Japan編集部(2013年撮影)

「東方明珠電視塔」は、上海を象徴するテレビタワーです。1994年に建設され、タワーの高さは約468m。いくつか展望スペースがあり、地上351mの「宇宙船エリア」、263mの「メイン観光エリア」、そして259mの「ガラス張りエリア」が展望エリアです。

高さを堪能できるガラス床のエリアでは、空中散歩を楽しめます。ちょっと怖そうですが、ぜひ勇気を出して記念撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


伝統的な風景と買い物を楽しめる「豫園・豫園商城」

豫園商城
写真:CITIC PRESS Japan編集部(2018年撮影)

明朝時代の伝統的な庭園を散策できるのが「豫園」です。1559年から約20年近くの歳月をかけて造り上げられたといわれています。

隣接する「豫園商城」では、買い物とグルメを楽しめます。中華料理の定番である小籠包の名店「南翔饅頭店」があることでも有名。さらに、お土産屋さんも多くあるので、家族や友人に配るおかしをまとめ買いするのもおすすめですよ。

並ばずにパンダを見られる「上海動物園」

「中国」と聞くと、パンダを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

パンダ
写真:CITIC PRESS Japan編集部(2013年撮影)

日本では上野動物園などで見ることもできますが、人気のため長時間並ぶ場合が多いですよね。並ばずにゆっくりパンダと出会えるのが「上海動物園」です。実際に筆者も上海動物園に遊びに行きましたが、平日だったこともありパンダエリアではのんびりとパンダを見ることができました。

虎
写真:CITIC PRESS Japan編集部(2013年撮影)

パンダだけでなく、動物園で定番のライオンやトラ、ゾウやキリンにも会えます。

「上海動物園」駅から徒歩1分ほどの場所にあります。「上海動物園」駅は中心部の観光地から地下鉄で約20分、アクセスも良好です。

上海を堪能しよう!

上海は友人や家族との旅行はもちろん、一人旅でも楽しめる場所。定番の観光地ですので、はじめて訪れた方でもスムーズに観光できると思います。歴史的な庭園から現代的な建築物まで、様々な魅力の詰まった上海をぜひ堪能してみては?

※記事公開時の情報です。
※価格や情報は現在とは異なる可能性がありますので、詳細は公式サイト等でご確認ください。

ライター:笹まい

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング