2020/10/16 グルメ&イベント

「ここは中国ですか…?」忖度なし!池袋西口の麻辣湯が本場そのままの味だった

麻辣湯(マーラータン)という料理を知っていますか?中国人にはとても親しみのある料理ながら、日本ではあまりメジャーではない印象があります。

熱々の麻辣湯と中華バーガーの画像一覧はこちら

「あんなにおいしいのにもったいない!」そう思い立ち、今回「本場の中華が食べられる」でおなじみの池袋西口(北)にある「串串香 麻辣湯」さんへ。麻辣湯が初めての人でもよくわかるオーダーの方法やおすすめの具材などを店長の陳さんにうかがいました!


そもそも麻辣湯とは

麻辣湯とはもともとは四川料理の食べ物で、好きな具材をスパイシーなスープで煮た食べ物。鍋のようにみんなで食べるものではなく、一人でもさくっと食べられるのが麻辣湯のいいところ。また、好きな具材を選ぶことができるほか、辛さがカスタマイズでき、自分好みの麻辣湯を作れることも魅力といえそうです。

具材の組み合わせは自由自在!麻辣湯のオーダー方法

麻辣湯

店に入り、左手にはトングとトレイ。新型コロナウイルス対策の消毒用アルコールも設置されています。トングと黄緑色のトレイをもち、いざ食材選び!



具材はこちらから選ぶことができます。「串串香 麻辣湯」さんでは、3種類以上の具材を選ぶのが最小単位。お好みの具材3種類と春雨が入って価格は580円となります。もっと具だくさんにしたい場合は、1具材100円で追加できます。



おすすめを聞いてみると、「これだけ種類があると好みによりますが…」と前置きした上で「“鴨の血”はけっこう人気です」と教えてくれました。また、豚のタンや豆腐を乾燥させた「干豆腐」など、「日本人にはあまりなじみがないと思いますが、どれもおいしいですよ」とのこと。



今回は鴨の血、しいたけ、ホウレンソウ、刀削麺、ハチノス、豆腐の6種類をセレクト。ソーセージやカニカマ、豚肉やキャベツなど、たくさんの具材があるので、自分の好きなものを選ぶ楽しさがあります。



具材を選んだら、キッチンカウンターへ。

ここではスープの辛さと春雨の種類を選ぶことができます。辛さの段階は「辛さなし」「ピリ辛」「中辛」「大辛」「激辛」の5種類、春雨は幅広の「板春雨」、細麺の「細春雨」のほか、「緑豆春雨」「じゃがいも春雨」「とうもろこし春雨」の中から選択可能。

今回は、はじめてにおすすめの「ピリ辛」に、鮮やかな黄色が目を引いた「とうもろこし春雨」を入れてもらうことにしました。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング