2021/01/12 エンタメ

WOWOWで日本初放送!中国ドラマ『家族の名において』のあらすじ&キャストを先どりチェック!

©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.

中国で話題を呼んだ感動作『家族の名において』が、2021年2月8日(月)よりWOWOWプライムにて放送されます。血の繋がっていない3人の兄妹の家族愛や恋愛模様を描いた本作は、Weiboで31日間トレンド入りし続けたほどの人気ぶり。また、現地動画サービス・マンゴーTVでの再生回数が47億回超えという大ヒットドラマです。

2021年注目の中国ドラマ『家族の名において』の場面写真13点

本記事では、ドラマのあらすじや人物紹介、見どころをご紹介します!

あらすじ


©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.

血の繋がりのない3人兄妹の長男・凌霄(リン・シャオ)、次男・賀子秋(ホー・ズーチウ)、長女・李尖尖(リー・ジェンジェン)は、それぞれ複雑な事情を抱えながらも、李尖尖の父・李海潮(リー・ハイチャオ)のもとで幸せにすくすくと育つ。本当の家族以上に支え合ってきたが、高校卒業後、あることをきっかけに兄2人は海外に行くことになり、家族は離れ離れに。

9年後、3人は再会。失われた家族の時間を取り戻そうと奮起するが、兄たちの妹に対する想いは、いつからか家族としての愛情から恋愛感情に変わっていた。兄たちから想いを寄せられるジェンジェンは戸惑いながらも、自身の恋心に気づいていき…。

人物紹介

家族の名において
©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.

李尖尖(リー・ジェンジェン)役/譚松韵(タン・ソンユン)

大ヒットロマンス史劇『花様衛士〜ロイヤル・ミッション〜』でヒロインを務めた実力派女優の松韻(タン・ソンユン)が演じる3兄妹の末っ子リー・ジェンジェン。母親を亡くしているが、父親の愛情を目一杯に受け、明るく天真爛漫な性格に育つ。

家族の名において
©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.

凌霄(リン・シャオ)役/宋威龍(ソン・ウェイロン)
『働く⼥⼦流ワタシ探し』で大ブレイクを果たした宋威龍(ソン・ウェイロン)が演じるのが3兄妹の長男・凌霄(リン・シャオ)。母親は家を出ていき、警察官の父親も仕事が忙しく面倒を見られないため、近所に住むジェンジェンの家庭に引き取られる。大人しく冷静沈着な性格。

家族の名において
©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd.

賀子秋(ハー・ズーチウ)役/張新成(チャン・シンチョン)
3兄妹の次男・賀子秋(ハー・ズーチウ)。母親に見捨てられ、母親の再婚相手となるはずだったジェンジェンの父親に引き取られる。身寄りのない自分を引き取ってくれた、李家に強く恩を感じており、幼い頃から家事や洗濯を積極的に手伝う気配り屋。

李海潮(リー・ハイチャオ)役/涂松岩(トゥー・ソンイエン)
涂松岩が演じるのが李尖尖(リー・ジェンジェン)の父親・李海潮(リー・ハイチャオ)。料理上手で麺食堂を営んでいる。血の繋がりのない2人の息子たちにも分け隔てなく接し、愛情を注ぐ心優しい男性。

凌和平(リン・ハーピン)役/張晞臨(チャン・シーリン)
張晞臨が演じる凌霄(リン・シャオ)の父親であり、警察官である凌和平(リン・ハーピン)。仕事が忙しく、子どもの面倒をあまり見られていないが、心根は誠実で情に厚い男性。

見どころ

家族の名において
©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd

ホームドラマと聞くと、ほのぼのとしたストーリー展開を想像しますが、本作は笑いあり、涙あり、胸キュンありと、たくさんの要素が重なり合い、前世代の人が楽しめる作品となっています。

根本には「家族とは何か?」という重みのあるテーマを描いている作品のため、涙が止まらなくなるようなシーンも。とくに、3人の若者たちが周囲や運命に翻弄されながらも互いに支え合い、家族と向き合っていく姿には考えさせられるものがあります。

個人的には若手俳優以外にも、血縁のない2人の息子にも平等に愛情を注ぐハイチャオがもたらすほっこり感にも注目してほしいと思います!

本作を観た後、血縁関係の垣根を超えた「新たな家族の絆」にきっと心が温まることでしょう。ぜひ2月からの放送をお楽しみに!
 

家族の名において(全40話)
原題:以家人之名
出演:谭松韵(タン・ソンユン)、宋威龍(ソン・ウェイロン)、張新成(チャン・シンチョン)、涂松岩(トゥー・ソンイエン)、張晞臨(チャン・シーリン)ほか
放送開始日:2021年2月8日(月)11:00~
第1話~4話まで無料放送
©2020 China Huace Film & TV Co., Ltd

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング