2021/01/28 ビジネス

ロフトの中国新店舗がいよいよオープン 成都の文化に注目した開店記念商品も

画像:株式会社ロフト

生活雑貨専門店ロフトの海外直営店「双楠ロフト(シュアンナンロフト)」が、2021年1月29日(金)に中国四川省成都市の商業施設「イトーヨーカ堂双楠店」にオープンします。同店舗は2020年7月にオープンした徐家匯ロフト(スージャーホイロフト)に続く海外直営2店目となります。

【画像】「トウキョウ」のロゴが描かれた、黄色いロフト限定グッズも

オープンに先駆け、オープニング企画やオープン記念のコラボ限定品などが公開されています。

双楠ロフトのオープン記念商品として発売されるのが、「古くから屋外でお茶を楽しむという成都の文化に着目した」という「LOFT大礼罐(ロフトギフト缶)」。動物や食べ物などをテーマにドットのアイコンが描かれた缶は、全6種類展開。各缶には日本のおみくじをイメージした割引券が1枚ずつ入っているといい、かわいらしい見た目だけでなくワクワク感もあります。

このほか、「イトーヨーカ堂コラボグッズ」もオープン記念として限定発売されます。ノートブック、バッチセット、ポーチ、マスキングテープ、トートバッグなどにプリントされたイトーヨーカ堂のロゴにはグラデーション加工がなされており、とてもおしゃれな雰囲気が漂います。

中国1号店の上海徐家匯ロフトでスタートさせた「LOFT APARTMENT」は、成都双楠ロフトでも健在。「LOFT APARTMENT」は、中国のクリエイターの発掘を目的としたコーナーだといい、今回は新規クリエイター16名を含めた合計33名が参加。「アパレルやアクセサリーなど、作家のオリジナリティが光る雑貨が並ぶ」としています。

日本の雑貨店でありながら、中国の新しい風を感じる場としても注目を集めそうです。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング