2021/02/14 グルメ&イベント

【セブン】カップ担々麺はゴマの香りがフワッ!スープを飲み干してしまうおいしさです

ピリ辛がクセになり、ときどき無性に食べたくなる中華料理「担々麺」。今回はセブンイレブンで販売されている「スープが決め手 担々麺」(149円)を食べてみました。

セブン担々麺

パッケージにはわかりやすく担々麺の写真がドドン!税込149円と手にとりやすい価格です。裏面には「濃厚な練りごまのコクと醤を利かせたそぼろのうま味」との説明書き。期待が高まります。

【画像7点】食欲そそる!練りごまとラー油の液体スープを入れた完成写真

セブン担々麺

カップの中には、麺・かやくのほか後入れの液体スープ。液体スープは練りごまとラー油が入っていて、フタの上で温めて食べる直前に入れます。お湯を注ぐ前からそぼろとチンゲン菜がたくさん入っているのがわかります。
 
セブン担々麺

袋を開けた瞬間からフワっとごまの香りが漂います。全体をよく混ぜて…いざ、実食!

まずはスープから。練りごまの香ばしくてコクのある味わいの後にピリ辛なラー油が追いかけてきます。スープはさらっとしていて、辛さは控えめです。花椒や山椒のような「シビレ感」はなく、クセのないピリ辛スープという印象です。



次に麺をいただきます。わりと噛み応えがあり、麺そのものの味もおいしい!そぼろやチンゲン菜と一緒に食べると、スープの味がそれぞれに絡み合っているため、麺だけで食べるよりも濃い味が楽しめます。

辛さ控えめでクセがなく、食べやすい味なのでお好みでのアレンジがオススメです。花椒や山椒の粉でシビレをプラスしたり、一味や七味、ラー油などで辛さを調節したりするのもいいと思います。今回は、花椒の粉と食べるラー油を追加してみました。



塩味もそこまで強くないので、スープを全部飲み干しても嫌な塩辛さはありません。辛すぎず、シビレでごまかしていない、最後までおいしく、バランスのよいスープだなと思います。とても食べやすく、お手軽ランチにぴったりなカップ麺です。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング