2021/02/20 グルメ&イベント

豪華なおうちごはん完成!バーミヤンで「税抜1,500円分」テイクアウトしてきた

おうち時間の増えた昨今、外食はせずに、家でレストランのお持ち帰りメニューを楽しむことも多くなったのではないでしょうか。今回は中華ファミレスの定番「バーミヤン」のテイクアウトに注目!税抜1,500円でどれくらいテイクアウトできるかををレポートしてみます。

【画像】バーミヤン「税抜1,500円」はこの豪華さ!

今回テイクアウトしてきたメニューは、3品で1,547円(税抜)でした。

バルサミコ酢の黒酢豚&海老春巻弁当(おかずのみ) 749円(税抜)
武蔵野麻婆 499円(税抜)
中華おこわの蓮の葉包 299円(税抜)

まず、『バルサミコ酢の黒酢豚&海老春巻弁当(おかずのみ)』。バーミヤンのお弁当はおかずのみタイプもあるんです。おつまみにするもよし、自分でほかほかご飯を炊くもよし、チャーハンと組み合わせるもよし。おかずのみのお弁当には海老チリやホイコーローなどをメインにしたものもあり、いくつかの種類から自分の好きな組み合わせを選ぶことができます。

今回は個人的に大好きな「バルサミコ酢の黒酢豚」と、中華らしい「海老春巻」の組み合わせにしてみました。

バルサミコ酢の酢豚

この「バルサミコ酢の黒酢豚」は、ぜひ食べていただきたい一品です。揚げた豚バラとお酢の酸味で食欲が刺激され、濃いめの味付けで野菜も箸が進みます。ちなみに私はバーミヤンに行くと必ず頼んでいます。

バーミヤンお持ち帰り

「海老春巻」にはエビがしっかり入っていて、満足度の高いメニューです。テイクアウトの場合、揚げたてパリパリとはいきませんので、そんな時はトースターなどで温め直すといいかもしれません。

餃子はバーミヤン定番の味で、ご飯やビールのお供にぴったりです。箸休めにザーサイやメンマがついているのも中華好きにはうれしいですね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング