2021/02/21 カルチャー

「えぇ?いま掃除するの!?」中国の映画館で驚いた3つのこと

写真:PIXTA


エンドロールが始まるとすぐ…

中国で映画を鑑賞する際に、毎回驚くのがエンドロールのときです。感動の余韻に浸る中、エンドロールが始まるとほとんどの人が席を立ち、足早に劇場を後にします。規模が小さい映画館に行ったときには、エンドロールの途中で清掃の方が入ってきて私の足元を掃き始めたときには、さすがに「えぇ?いま掃除するの!?」と思わずにはいられませんでした。

近年、中国では映画を最後までしっかりと観てもらうために、エンドロールにもちょっとしたムービーを差し込んだり、「别着急,还有彩蛋(急がないで、まだお楽しみがあります)」といった文言を表示したりと、工夫を凝らしています。今後はすこしずつ状況も変わっていくかもしれません。 

日本では映画中の大きなリアクションが気になる方も多いと思います。しかし、中国のこうした「にぎやか」な映画館の雰囲気は、みんなで映画を楽しんでいるという気分にもなり、「悪くないな」と個人的には思っています。
 

※1元=16.4円で計算

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング