2021/03/05 エンタメ

映画『ナタ転生』にみる中国アニメのクオリティ!3DCGで描くアクロバティックなシーンは必見

(C)Light Chaser Animation Studios

「いま中国アニメがアツい」ここ1年ほどで中国アニメへの注目度が上がっています。実際に近年では中国国内でも、海外製のアニメと同等、もしくはそれを上回る興行収入を記録しているという状況です。そんな中、2021年2月12日に中国で公開された注目の中国3Dアニメ映画『ナタ転生』が、2021年2月26日公開と驚くべきスピードで日本にやってきました。

【画像5点】主人公の後ろに現れる少年神「ナタ」の姿

先日、この『ナタ転生』を試写会で鑑賞させていただきました。最新の中国アニメが堪能できる本作はどのような作品なのでしょうか。

そもそも「ナタ」とは?

ナタとは中国の古代小説『封神演義』に登場する少年神。日本でも有名な『西遊記』や2019年末ごろより日本で公開され高評価を得た『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』にもナタは登場しており、中国人にとってはなじみの深い存在だといいます。

今作ではナタが転生、物語は現代

本作は『ナタ転生』というタイトル通り、ナタが転生した現代の物語。自分がナタの生まれ変わりであることに気づいていない主人公の李雲祥(リ・ウンショウ)が、前世での因縁を持った東海龍王の息子・三太子の生まれ代わりである三公子に命を狙われます。徐々に周りの大切な人にも危険が及び、李雲祥は東海龍王の生まれ変わりである徳会長、そして三公子と戦うため、少年神「ナタ」の魂を呼び戻していき…というのがあらすじ。

時代が現代であるため、時代劇のように背景などを考えずスッと物語に入ることができます。ナタの生まれ変わりである主人公の李雲祥(リ・ウンショウ)はバイク好きの青年で、彼の奔放な性格は「とんでもない暴れん坊」とされているナタの性格を踏襲しているようです。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング