2021/04/08 エンタメ

再生数9.7億回超え!シュー・カイ主演の学園ファンタジー時代劇『天舞紀~トキメキ☆恋空書院~』が初上陸

©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

中国の動画サイト「iQIYI」で総再生回数9.7億越えの話題作が上陸!日本初放送となる『天舞紀~トキメキ☆恋空書院~』が「女性チャンネル♪LaLa TV」で2021年5月10日(月)から放送されます。本記事では、あらすじやキャストを一挙ご紹介していきます。

【写真3枚】いまをときめくイケメン俳優!シュー・カイの場面写真

本作は、人間とあやかしが共存する世界を舞台に、学園ものと時代劇が融合した学園ファンタジー時代劇!人族の次期・護国師である李玄(り・げん)と人族を滅ぼそうと人族の学校・摩雲書院に潜入する昆吾族の聖女・蘇猶憐(そ・ゆうれん)の運命が描かれます。

人族の将軍と昆吾族の公主の間に生まれた主人公の李玄を演じたのは『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』『招揺<ショウヨウ>』で、一気にスター街道を駆け上がったシュー・カイ。iQIYI主催のアワード「2020 愛奇芸尖叫之夜」では年間人気男性芸能人賞を受賞した注目の俳優です。正体を隠して摩雲書院に潜り込む昆吾族の聖女・蘇猶憐(そ・ゆうれん)を『九州縹緲録~宿命を継ぐ者~』のウー・ジアイーが演じています。

『四大名捕~都に舞う侠の花~』『古剣奇譚~久遠の愛~』を手がけた美術スタッフが参加し、世界最大級の映画スタジオ「横店影視城」で撮影したという本作。どんなファンタジーの世界観が表現されているのか、日本初放送となる5月の放送が待ち遠しいですね!5月10日(月)の本放送に先駆けて、5月2日(日)21時30分から第1話の先行放送も決定しています。

あらすじ

時は盛唐、人間とあやかしが共存する時代。10年前、人族が昆吾族(こんごぞく)を襲い、昆吾族の王である龍皇(りゅうこう)やその妹・青笙(せいせい)、聖女・九霊児(きゅうれいじ)が犠牲になり、昆吾族は人族に迫害されるようになってしまった。龍皇は封印されたが、九霊児は10年後に龍皇が復活し、人族を滅ぼすと宣言して亡くなる。

10年後、人族の摩雲書院(まうんしょいん)ではまもなく復活する龍皇に立ち向かえるよう、優秀な人材を育てるために生徒を募集する。九霊児の妹で昆吾族の聖女となった蘇猶憐(そ・ゆうれん/ウー・ジアイー)は、師匠の指示で摩雲書院に正体を隠して入学する。そこへ人族の次期・護国師である李玄(り・げん/シュー・カイ)もやってくる。実は蘇猶憐は、李玄が持つ令牌を手に入れて龍皇を甦らせ、九霊児の宣言通り人族を滅ぼすという使命を持っていた。しかし、生活を共にするうちに、やんちゃな李玄と蘇猶憐は気持ちが通じ合うように。人族を滅ぼすべく人族の学校に潜入した昆吾族の聖女と人族を護る使命を持つ青年の運命は…。

相関図


©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング