2021/03/25 グルメ&イベント

ついに登場!バーミヤンの「ビャンビャン麺」を実食レポ!西安のご当地麺がおうちで味わえるとは...

気軽に行ける中華レストランとして人気の「バーミヤン」に、2021年3月18日(水)から旨辛極太麺で有名なビャンビャン麺が登場しました。中国陝西省西安のご当地グルメとして知られるビャンビャン麺。さっそくレビューしてみたいと思います。

【写真4枚】もちもち麺と具を思いっきり混ぜて食べたい!ビャンビャン麺

バーミヤンビャンビャン麺

バーミヤンの「ビャンビャン麺」(テイクアウト755円、店内769円、宅配820円)は、具だくさんでとても豪華な印象。今回はテイクアウトにしたのですが、ビャンビャン麺は汁なしなので麺がのびる心配がなくテイクアウト向きです。

バーミヤンビャンビャン麺

中華料理といえばやはり!唐辛子メインのこのシャンラー粉です。上にのっているので、辛いのが苦手な方は自分で少し減らすこともできます。全部混ぜても激辛とまではいかず、しっかりと旨辛を味わうことができます。

また、魯肉飯のような甘辛の煮豚がのっており、ほどよい脂の旨味が辛さを引き立てます。

バーミヤンビャンビャン麺

ビャンビャン麺の特徴である麺は幅2センチくらい、もちもちで日本人にも馴染みやすい太さです。

バーミヤンビャンビャン麺

幅広の麺に辛い調味料とお肉の旨味がからんで食欲を刺激し、ボリュームを求めるガッツリ派の人にもぴったりです。

ねぎ、キャベツ、もやし、にんじんと野菜が大盛りで、火の通りもほどよくシャキシャキした食感が楽しめます。またバーミヤンのビャンビャン麺の特徴として、煮卵がのっています。黄身まで味が染みていてほっこりする美味しさです。

筆者は本場である陝西省西安でビャンビャン麺を食べたことがあるのですが、その時は麺の幅8センチくらい、具は山盛りの唐辛子調味料と少しの青菜だけというかなりストイックなビャンビャン麺でした。それにくらべるとバーミヤンのビャンビャン麺は、日本的にバランスよくアレンジされた、日常で楽しめるビャンビャン麺だと感じました。

こちらのビャンビャン麺は、2021年6月2日(水)までの期間限定メニューとなるようです(※販売期間は予定)。バーミヤンに行ったりテイクアウトしたりするときは、ぜひこの具だくさんなビャンビャン麺を試してみてくださいね!

※記事公開時の情報です。
※価格は消費税込み価格です。価格や情報は現在とは異なる可能性がありますので、詳細は公式サイトなどでご確認ください。
※店内飲食とテイクアウトでは消費税率が異なり、価格が異なります。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング