2021/03/29 エンタメ

中国アニメ『ナタ転生』エンドロール中のアメコミ風イラストを解禁!公開劇場追加も決定

(C)Light Chaser Animation Studios

2021年2月26日(金)に日本公開となった中国発の3DCGアニメーション映画『ナタ転生』。そのエンドロール中にスクリーンに映し出されているイラスト画像が、このほど公開されました。

【画像11枚】これはおしゃれ!『ナタ転生』エンドロール中のアメコミ風イラスト

公開されたのは、中国らしい世界観が盛り込まれたイラスト12枚。本編では未公開のシーンを描いたイラストもあることから、SNSで「もう1回じっくり見たい」「イラストのポストカードが欲しい!!」などの声が挙がり今回の公開にいたったのだそう。

ナタ転生
(C)Light Chaser Animation Studios

各イラストには裏エピソードがあるとのことで、例えば、主人公の李雲祥(リ・ウンショウ)が、前世から因縁のある徳会長が率いる徳興グループの一味と戦う様子が描かれた上記のイラスト。尺の都合でカットになってしまったという本編にないこのシーンは、製作陣の思い入れのあるシーンであったことから、イラストにてお披露目になったのだそうです。

ナタ転生
(C)Light Chaser Animation Studios

2月に東京2館で公開開始された『ナタ転生』。3月26日(金)からは、大阪ステーションシティシネマ(大阪)、TOHOシネマズ 二条(京都)、TOHOシネマズ 西宮OS(兵庫)、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ(千葉)、静岡東宝会館(静岡)での劇場公開も始まっています。4月には、kino cinéma 横浜みなとみらい、あつぎのえいがかん kiki(神奈川)でも上映が開始される予定です。


ストーリー

中国の古代小説「封神演義」に登場し、3000年以上前の世界で絶大な権力を持つ一族・東海龍王の息子・三太子に歯向かい死闘を繰り広げ、勝利したほどの強い魔力を持つ7歳の少年神≪ナタ≫。しかし、息子を殺され激怒した東海龍王が「町の百姓たちの命が惜しければ、自らの死で罪を償え」と卑怯な脅しを行い、ナタは百姓たちを守るために自ら命を絶つ。

そして時は流れ、現代。ナタはバイク好きな好青年、李雲祥(リ・ウンショウ)として生まれ変わった。バイクで縦横無尽に駆け回り、仲間と共に充実した日々を送っていたのだが、東海龍王の息子・三太子の生まれ代わりである三公子が、ナタに前世で殺された恨みを晴らそうと雲祥の命を狙い始めたことで、仲間たちも次々と危険にさらされ、市民をも巻き込む決死の戦いに。まだ自分がナタの生まれ変わりであることを気付いていない雲祥だが、三公子と戦うためにはナタの魂を呼び覚まし、覚醒しなければ勝つことは出来ない。大切な仲間や、市民たちを守るために立ち上がった雲祥の戦いが今始まる――。

ナタ転生
(C)Light Chaser Animation Studios

ナタ転生

原題:新神榜:哪吒重生(New Gods:Nezha Reborn)
監督:ZHAO Ji(趙霽)
脚本:MU Chuan(沐川)
プロデューサー:LU Xi(路晞)
出演:YANG Tianxiang(楊天翔)、ZHANG He(張赫)、XUAN Xiaoming(宣暁鳴)、LI Shimeng(李詩萌)
制作:追光人動画設計(北京)有限公司
配給:チームジョイ株式会社
(C)Light Chaser Animation Studios

2021年|中国|中国語|日本語字幕|DCP|カラー|117分

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング