2021/04/01 グルメ&イベント

バーミヤンの「包包フェス」が気になるから実食!モチっと皮で包む「北京ダック」も美味しい!

気軽に中華料理が楽しめるレストラン「バーミヤン」。そのバーミヤンで「包包(パオパオ)フェスティバル」と銘打ったなんとも気になるフェアが展開されています。

そこで、さっそく食べてきましたのでレポートしていきたいと思います。

【写真6枚】「包包フェスティバル」で食べたバーミヤン仕様の北京ダック!

3つの「包包フェスティバル」メニューを食べてきました

バーミヤン

「包包フェスティバル」のメニューは3つ。それぞれ包み皮3枚と6枚のタイプがあるのですが、今回は全種類を食べたかったのですべて3枚をチョイスしました。

バーミヤン包包フェスティバル

写真上から時計回りに「炙り自家製焼豚クレープ皮添え(3枚)」(店内399円、テイクアウト392円)、「合菜戴帽(野菜炒めの玉子のせ)(3枚)」(店内399円、テイクアウト392円」、「北京ダック(3枚)」(店内439円、テイクアウト431円)です。

バーミヤン包包フェスティバル

1つの料理ごとに3枚の包み皮が入ったせいろが登場。今回は3つ料理を注文したのでせいろが3つ運ばれてきて、たちまちテーブルが豪華になりました。

バーミヤン炙り自家製焼豚クレープ皮添え

さっそく包んでいきます。

「炙り自家製焼豚クレープ皮添え」は、マヨネーズがついてくるのでそちらを仕上げにのせクルッと巻いていただきます。食べると、皮がモチっとしていておいしい!焼肉ダレで味付けされた焼豚とマヨネーズの相性も◎です。

バーミヤン北京ダック

「北京ダック」は、甘味噌をつけて食べます。野菜のシャキッと感をアクセントにお肉の旨味が皮で包まれ、食べやすいおいしさです。個人的には、今回食べた3つの中で北京ダックが一番お気に入りです!

バーミヤン合菜戴帽

野菜炒めの上に玉子焼きがのった「合菜戴帽」も甘味噌をつけていただきます。3等分しても具が包みきらないくらいボリュームたっぷりでした。ちなみに、野菜炒めがなかなか汁だくなので、包んで食べるときには汁がこぼれないよう注意が必要です。

まとめ

今回は、ビャンビャン麺などほかのメニューも注文しつつ、2人で「包包フェスティバル」3つを食べたのですが、満腹でした。もっちり皮がおいしく、そして包んで食べるのがとっても楽しい!北京ダックといえば高級料理のイメージですが、バーミヤン仕様になれば気軽にリーズナブルに楽しめるのがまたいいですよね。

前菜として一品追加してもいいですし、バーミヤンHPをみるとテイクアウト可能なので、お持ち帰りしておうちで味わっても楽しい食卓になりそうです。

※記事公開時の情報です。
※価格は消費税込み価格です。価格や情報は現在とは異なる可能性がありますので、詳細は公式サイトなどでご確認ください。
※店内飲食とテイクアウトでは消費税率が異なり、価格が異なります。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング