2021/04/06 カルチャー

HSK5級のレベルは?合格基準「180点」突破のために取り入れた勉強法

HSK(漢語水平考試験)は中国政府公認の中国語能力を測る資格で、中国、日本だけでなく、世界中で実施されています。HSKの資格を有していることで、自身の中国語力の証明となり、中国留学や就職活動に活用することもできます。

【関連記事】グローバルな中国語試験HSK6級(最高級)のレベル・勉強法は?

今回は、私自身の経験を踏まえ、HSKのレベル概要と5級を取得するまでにどのような対策を取ったかをみなさんにシェアできればと思います。

HSK5級のレベルについて

中国語の新聞・雑誌を読んだり、中国語のテレビや映画を鑑賞することができ、中国語を用いて比較的整ったスピーチを行うことができる。(HSK公式サイトより引用)

公式サイトではこのように説明されていますが、このレベルはあくまで目安です。私自身、HSK5級取得したころで実際に「中国語の新聞や雑誌、中国語のテレビや映画を辞書など引かずにすべて理解できるか」といわれるとやはり難しいと感じるのが正直なところです。

HSK5級の試験内容

試験は、「聞き取り」、「読解」、「作文」の3つのパートで構成され、各パートの配点が100点で合計300点満点の試験となっています。試験時間は聞き取り約30分、読解45分、作文40分と全体で約2時間に及びます。

HSKの5級以上は合否の判定はありません。ただし、180点以上で5級の能力を有していると判定されます。

ライター:瀧くん

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング