2021/05/07 エンタメ

中国でTV視聴率1位を獲得!『燕雲台-The Legend of Empress-』がWOWOWで⽇本初放送

(C)Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

日本初登場の中国ドラマ『燕雲台-The Legend of Empress-』が、2021年6月からWOWOWで放送されることが決定しました。『王⼥未央-BIOU-』のティファニー・タンが主演を務め、伝説の皇后の愛と戦いの物語が描かれます。

【関連記事】どっぷりハマりたい「中国歴史ドラマ」3作品!日本初上陸のタイムスリップ時代劇『慶余年』も

中国では2020年11⽉に放送・配信開始されるや、TV視聴率、インターネット再⽣回数ともに1位を記録したという本作。伝説の皇后・蕭燕燕をティファニー・タンが演じ、『海上牧雲記』のショーン・ドウ、『瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜』のカーメイン・シェーらが登場します。

遊牧⺠族、契丹族の王朝・遼を舞台にした本作。「遼史」に基づいて⽂化を忠実に再現したといい、騎⾺⺠族の⾐装はメインキャストだけで800着以上にのぼるのだそう。その豪華で美しい衣装や装飾品にも目を奪われそうです。

『燕雲台-The Legend of Empress-』第1話は無料視聴が可能で、2021年6月10日(木)20時から。また、本作の放送にあわせて、WOWOWオンデマンド限定で『王⼥未央-BIOU-』『独孤伽羅〜皇后の願い〜』の2作品も配信されます。

ストーリー

契丹族の国である遼の北府宰相・蕭思温の三⼥・蕭燕燕(ティファニー・タン)は、⽗親と⻑⼥・蕭胡輦(カーメイン・シェー)、次⼥・蕭烏⾻⾥の愛を受けて真っすぐで勇敢な⼥性に育つ。そして、彼⼥は漢⺠族ながら遼の朝⾂である韓徳譲(ショーン・ドウ)と愛し合うように。だが、第4代皇帝・穆宗の後継ぎの座をめぐり⽔⾯下の争いが続く遼では、蕭家の三姉妹がその勝負の切り札とみなされる。その結果、蕭胡輦が穆宗の弟・罨撒葛に、蕭烏⾻⾥が初代皇帝・太祖の孫・耶律喜隠に、蕭燕燕が暗殺された前皇帝・世宗の息⼦で韓徳譲が⽀持する耶律賢(ジン・チャオ)に嫁ぐことになる。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング