2021/07/08 グルメ&イベント

立川の中国食材スーパー「友誼商店」へ!現地のカップ麺や火鍋の素までそろって楽しすぎ

東京・池袋や蒲田などにある中国食材スーパーの「友誼商店」の新店舗「友誼商店 立川店(ユウギショウテン タチカワテン)」がこの1月にオープンしたという情報を聞きつけた編集部。さっそく現地に行き、その全容を取材してきました。

【画像20点】友誼商店ではどんなものが売られている?

友誼商店

JR立川駅から徒歩5分ほどで到着する「友誼商店 立川店」。看板は向かって右に「友誼商店」、左に「友誼食府」と書かれています。看板の位置と同様、店内の右側にスーパー、左側にフードコートがあります。入店するとすぐさま中国らしい赤の飾りが目に入ります。



16時30分ごろ伺うと、まばらながらお客さんの姿が見られました。さて、このスーパーにはいったい何が売られているのでしょうか。

見たことない麺も!乾麺コーナー

友誼商店立川

まずは乾麵コーナーへ。中国雲南省などでよく食べられる太めのビーフン「米線(ミーシエン)」のほか、細い春雨から太い春雨まであります。冷麺なども販売されていました。

友誼商店立川

こちらは「東北大拉皮(ドンベイダーラーピー)」という中国の東北地方のご当地春雨です。オイスターソースや酢・塩などを混ぜたタレをかけ、上には卵やニンジン、キュウリなどをのせて食べるようです。筆者は大連に留学していたにもかかわらず、食べたことがなかったため、友人に聞いてみるととてもさわやかな口当たりのようです。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング