2021/05/01 エンタメ

2015年映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』のヒット要因とは?中国アニメ躍進のいま振り返る

©2015 October Animation Studio,HG Entertainment


功を奏したSNSにおけるファンの口コミマーケティング

作品の質が中国の若者層の鑑賞に堪えるものになったことで、『ヒーロー・イズ・バック』は「自来水」と呼ばれるSNSなどを通じて積極的に作品の情報発信を行う熱烈なファンを獲得することができました。

ティエン監督もこのマーケティングの有効性について自覚しており、人民網のインタビューで「我々は微信(WeChat)という最大のSNSに基づいてマーケティングをすれば、より簡単にお客の購買意欲を喚起することができる」と語っていたようです。ちなみに、映画の製作社として名を連ねる企業の中には、WeChatの開発元テンセントの関連企業が名を連ねています。

上手くかみ合った不可欠な2つの要素

世の中の誰もが知る物語、それをリブートアレンジした監督の大胆な決断、そして時代に合わせたマーケティング戦略。このいずれが欠けても『ヒーロー・イズ・バック』は完成しなかったことでしょう。

本作で一躍中国アニメ界の寵児となったティエン監督。昨年には世界中で話題となったSF小説『三体』実写映画版の監督を務めることが発表されています。ワールドワイドに公開されることが確実なこの作品でどのような手腕をみせてくれるのか、こちらも要注目です。

西遊記 ヒーロー・イズ・バック
原題:大圣归来
Blu-ray&DVD発売中
発売元:バップ
©2015 October Animation Studio,HG Entertainment

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング