2021/04/28 エンタメ

再生数3億回超えの中国アニメ『天官賜福』が日本上陸!吹替版は神谷浩史や福山潤らが共演

©bilibili

総再生回数3億回を突破した中国の大人気アニメ『天官賜福(てんかんしふく)』が日本上陸することが発表されました。日本語字幕版は2021年6月26日(土)に第1話を先行放送、日本語吹替版は2021年7月にTOKYO MX・BS11にて放送される予定。

【関連】中国アニメ『魔道祖師』第2期の追加キャストに石田彰!キービジュアルやOP・EDも発表

同作品は『魔道祖師』で知られるウェブ小説作家の墨香銅臭氏の作品が原作で、2020年10月に中国の動画プラットフォームbilibili動画で配信を開始。美しくミステリアスな世界観を舞台に繰り広げられる緻密なストーリーと魅力的なキャラクターが話題を呼び、アジアを中心にヒットを記録しているといいます。

同作の日本上陸の情報解禁と同時に、吹替版PVと日本語版ティザービジュアルも公開されています。仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)には『〈物語〉シリーズ』や『夏目友人帳』などの神谷浩史、謝憐が出会う不思議な少年・三郎(サンラン)に『コードギアス 反逆のルルーシュ』や『PERSONA5』などの福山潤。霊文(リンウェン)に日笠陽子、南風(ナンフォン)に古川慎、扶揺(フーヤオ)に小林千晃が名を連ねており、人気声優の共演にも注目が集まります。

あらすじ

仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)は天賦の才を持ち、人々を救うことを志して修行を積み、飛昇し武神となった。しかし彼は二度も天界から追放されてしまう。

そして800年。謝憐は三度目の飛昇を果たした。しかし”三界の笑い者”といわれる彼に祈りを捧げる者は今やどこにもいない。謝憐は功徳を集めるべく、人々の住む下界に降りてこつこつとガラクタ集めをしながら、神官として出直すのであった。

ある日、謝憐はガラクタ集めの帰り道で、”三郎(サンラン)”と名乗る不思議な少年と出会う――

天官賜福
監督:李豪凌(リー・ハオリン)
キャラクターデザイン:イ・サンミ
サブキャラクターデザイン:キム・ミジン、パク・ミンジョン、ユ・ミンジ、ホン・インス
シリーズ構成・脚本:春日幽鈴(チュンリーヨウリン)
音楽:楊秉音(ヤン・ビンイン)
アニメーション制作:絵夢動画
日本版制作:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ、株式会社アニプレックス
©bilibili

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング