2021/05/04 カルチャー

中国の「スタバ」は日本となにが違う?かわいい干支グッズや月餅も!


中国ならではの限定ドリンクやグッズも

中国 スタバ グッズ

中国のスタバでは、中国茶のフレーバーティーや地元限定のコーヒーなども提供されています。お茶文化が浸透している中国で、多くの人に親しみやすいメニューを工夫しています。

また、季節ごとのグッズも豊富。日本のスタバでもクリスマスやお正月限定のグッズはありますが、中国のスタバでもさまざまな種類のグッズを販売しています。筆者は中国からのお土産として、スタバのギフトを買ったこともあります。

写真のように、春節の時期には干支に関するグッズ、中秋節には月餅のギフトセットなども登場します。

価格は少し高いイメージ

中国 スタバ

中国でもおなじみのカフェチェーンとなったスタバ。しかし、物価や給与水準からすると、そこまで気軽に利用できるほどリーズナブルではないようです。たとえば、スターバックス ラテの「中杯(Tall)」の値段は31元(日本円で約510円)前後。

筆者は中国でも日本と同じような感覚でスタバを利用してしまいますが、生活費や物価から考えると、やはり少し高いなと感じます。

おわりに

今回は中国と日本のスタバの違いをご紹介しました。各国同じようにみえるスタバですが、随所に“らしさ”も感じられる「中国のスタバ」。中国に行った際には一度立ち寄ってみると、なにか発見があるかもしれません。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング