2021/04/30 ビジネス

予約開始も早々に品切れ 中国PS5発売決定で現地ユーザーは何を思うのか

写真:PIXTA

2021年4月29日(木)、中国現地時間11時にPlayStationに関する発表会が動画プラットフォーム各社で配信されました。内容は「中国でPlayStation5が5月15日に発売される」ということ。30分弱の発表会で語られたこと、そして現地のユーザーの反応などをみていきたいと思います。

【関連記事】中国で「ニンテンドースイッチ」発売から1年、これまでを振り返る

約30分の発表会でわかったこと

発表会ではまずソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のCEOであるジム・ライアン氏が中国におけるPS5の発売を発表。パーフェクトワールドやネットイース、テンセント、miHoYo(ミホヨ)といった中国の大手ゲームパブリッシャーからのお祝いコメントなども公開されました。

後半ではSIE上海(SIES)の総裁を務める江口達雄氏が登場し、中国語で現地のユーザーに向け、中国版PS5に関する詳細を発表しました。価格はデジタル・エディションが3,099元(約52,000円)、通常モデルが3,899元(約65,500円)、と日本での定価と比較し割高。

ローンチタイトルとして、SIEの『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』、『リビッツ!ビッグ・アドベンチャー』、そして中国のMiHoYoがマルチプラットフォーム展開する『原神』を準備中としました。また、会員サービス「PlayStation Plus」では中国のPS5ユーザーのためフリープレイで12タイトルを用意。このほか、2年間の補償サービスも発表しました。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング