2021/05/20 エンタメ

大ヒット中国映画『唐人街探偵 東京MISSION』が7月9日公開!妻夫木聡、長澤まさみも出演

©WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

中国映画『唐人街探偵 東京MISSION』が2021年7月9日(金)に日本で公開されることが決定しました。本作は2021年の旧正月である2月12日に中国で公開され、初日に約10.1億元(約164億円)の興行収入を記録。全世界オープニング週末興行収入No.1の新記録も樹立した歴史的大ヒット作です。 

【関連】中国サスペンス『ロング・ナイト 沈黙的真相』WOWOWで日本初放送!超高評価ドラマの見どころとは?

国際的な事件を解決してきたチャイナタウンの探偵が繰り広げる「唐人街探偵シリーズ」の3作目となる今回の舞台は東京。中国・日本・タイの探偵がヤクザ絡みの密室殺人事件解決のミッションに挑んでいきます。

中国の探偵コンビをスター俳優のワン・バオチャンとリウ・ハオラン、タイの探偵をハリウッド映画にも出演するタイのアクションスター、トニー・ジャーが演じます。また、舞台を東京にした本作では、日本からも豪華な俳優陣が集結。日本の探偵・野田昊には妻夫木聡、マフィアの会長秘書・小林杏奈には長澤まさみが起用されているほか、染谷将太、鈴木保奈美、浅野忠信、三浦友和らも個性的な役どころで作品を彩ります。

ストーリー
国際的に事件を解決してきたチャイナタウンの探偵コンビ、タン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)は、日本の探偵・野田昊(妻夫木聡)から難事件解決への協力を依頼され、東京に飛ぶ。

今回のミッションは、東南アジアのマフィアの会長の密室殺人事件で、犯人として起訴されたヤクザの組長・渡辺勝(三浦友和)の冤罪証明。タイの探偵で元刑事のジャック・ジャー(トニー・ジャー)も参加し解決を試みるが、殺された会長の秘書である小林杏奈(長澤まさみ)が何者かに誘拐される事件が発生。

そこに事件解決率100%を誇るエリート警視正・田中直己(浅野忠信)、謎の指名手配犯・村田昭(染谷将太)も絡み、事件は複雑化。さらに、世界の探偵が愛用するアプリ「CRIMASTER(クライマスター)」の事件解決率世界ランキングに載る探偵たちが、このニュースを聞いて東京に集結。探偵世界ランキング・第1位で正体不明の「Q」の登場により、さらなる混乱が巻き起こる——。

唐人街探偵 東京MISSION
出演:ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、妻夫木聡、トニー・ジャー、長澤まさみ、染谷将太、鈴木保奈美、奥田瑛二、浅野忠信、シャン・ユーシエン、三浦友和
監督・脚本:チェン・スーチェン
提供:Open Culture Entertainment、アスミック・エース
配給:アスミック・エース
©WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング