2021/07/11 ビジネス

SNSとECが一体化の中国アプリ「小紅書(RED)」とは?個人だけでなく企業も積極活用

写真:PIXTA

中国のソーシャルコマースを注視していると必ずと言っていいほど目にする「小紅書(RED)」。近年、世界的にもSNSを利用したマーケティングは積極的に行われており、今後より活気を見せる分野といえるのではないでしょうか。勢いのあるSNSはいくつかありますが、今回は、中国の若者の多くが利用している「小紅書」についてご紹介いたします。

【関連】TikTok運営の「バイトダンス」ゲーム事業へ急加速 その戦略と勝算は?

小紅書(RED)とは?

小紅書は画像やショートムービーを投稿するSNSとEC機能が一体となったアプリで、「中国版インスタグラム」ともいわれています。

オフィシャルサイトによれば、2019年10月時点でMAU(月間アクティブユーザー)1億人を突破。また、ユーザーの70%が1990年以降生まれのいわゆる「90後(ジュウリンホー)」。つまり、このアプリをのぞくと、今の中国の若者が何を発信しているのか、何に興味があるのかが垣間見えるのです。

小紅書をチェックすると、料理、お笑い、工作、ペットなど幅広い投稿を見ることができます。日本に住む中国人によるオススメの日本商品や、日本での習慣を紹介する動画などは日本人が見てもなかなか面白い発見があります。

筆者自身も小紅書を利用しており、メイクやダイエット、ネイルデザインの参考によく覗いています。さらに、猫好きの筆者としてはやはり中国の猫さんたちのチェックも行っています。

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング