2021/08/03 エンタメ

総再生数65億回の中国ドラマ『琉璃』が日本初上陸!あらすじ&キャストをチェック

© H&R CENTURY PICTURES CO., LTD

チョン・イーとユエン・ビンイエン出演の中国ドラマ『琉璃』が「女性チャンネル♪LaLa TV」に2021年8月6日(金)から登場。本記事では、日本初放送となる『琉璃』のあらすじとキャスト紹介をお届けします。

【写真4点】ヒロインを一途に思う禹司鳳役を演じるチョン・イー

『琉璃』は、感情を失ったヒロイン・褚璇璣(ちょ・せんき)と彼女をひたむきに想い続ける仮面の男・禹司鳳(う・しほう)の物語。仮面の男・禹司鳳を『則天武后 ~美しき謀りの妃』のチョン・イー、感情がわからず涙を見せたこともない褚璇璣を『聴雪楼 愛と復讐の剣客』のユエン・ビンイエンが演じています。デビュー約10年のキャリアを持つ二人は本作で実力派として大ブレイクし、このカップルにハマったファンが多く、再共演を望む声も多いのだそうです。チョン・イーは、本作の挿入歌も歌っています。

総再生数は65億回(2020年11月時点)、中国のドラマ情報サイト「猫眼電影」やエンタメデータベース「芸恩」で人気ランキング1位を獲得するなど大ヒットとなった本作は、8月6日(金)14時30分から第1話がスタート。全59話にわたってLaLa TVで放送されます。

あらすじ

少陽派の掌門の娘・褚璇璣(ちょ・せんき/ユエン・ビンイエン)は、天真爛漫に見えるが、生まれつき見識や舌識など「六識」が不全。感情が分からず、涙を流したこともない。

4年に一度の武芸大会「簪花(しんか)大会」に参加するため、五大修仙門派の達人たちが少陽山に集まってきた。璇璣と双子の姉の玲瓏(れいろう/チャン・ユーシー)は、参加者の出迎えをすることに。参加者の1人、点睛(てんせい)谷の烏童(う・とう/ホアン・ヨウミン)の嫌がらせで空から振り落とされた璇璣は、離沢(りたく)宮の禹司鳳(う・しほう/チョン・イー)に助けられる。

離沢宮の弟子はみな仮面をつけ、「よそ者の前で仮面をとらないこと」を第一の掟とする厳格な門派。その後、桃花林で再会した璇璣と司鳳は、うっかり少陽派の禁所に足を踏み入れ、ケガをした司鳳の仮面を璇璣が外してしまう。

相関図

琉璃
© H&R CENTURY PICTURES CO., LTD

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング