2021/08/13 エンタメ

ティファニー・タン×ルオ・ジン主演!中国ドラマ『帰去来』の日本初配信がスタート

©Beijing Wanmei Pengrui Entertainment Co.,Ltd. ©Youku Information Technology (Beijing) Co., Ltd.

中国ドラマ『帰去来』が、2021年8月12日(木)より配信スタート。動画配信サービス「ビデオマーケット」と「Rakuten TV」にて、日本初配信されています。

【画像3点】ティファニー・タン×ルオ・ジン主演『帰去来』の場面写真

家庭の事情、勉学などそれぞれの理由でアメリカに向かったシューチョー、シャオチン、ミャオイン、ニンミン。四人が運命に翻弄されながらも正しい道を進み、成長してゆくストーリーが描かれます。

本作の主演は、大ヒットした中国時代劇ドラマ『王女未央-BIOU-』で共演し結婚したティファニー・タンとルオ・ジン。努力で道を切り開こうとするシャオチンをティファニー・タン、そんなシャオチンに愛情を向けるシューチョーをルオ・ジンが演じています。

『侠客探偵 簡不知』のユイ・ジーウェイ、『擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~』のシュー・リンユエも共演し、全50話にわたってサクセスラブストーリーが映し出されます。

あらすじ

シューチョー、シャオチン、ミャオイン、ニンミンの四人の若者は、家庭の事情、勉学、愛を追い求めるため、それぞれの理由でアメリカに向かう。恋人同士だったシューチョーとミャオインは、二人の父親が思いもしない利害関係を結んでいたことから、とある嫌疑を避けるために別れを迫られる。シャオチンは留学生の中でも変わったタイプで、清廉さを保つ父親を誇りとし、自らの努力によって道を切り開こうとする。周囲から向けられる疑いの視線、母親の交通事故によってもたらされる苦境にも全く動じないシャオチンの人柄は、ついに周囲の人々に認められ、シューチョーからの愛情を受けることになるのだった。

シューチョーと、ミャオインの弟であるチェンランの二人は、父親たちが不法行為を働いていることに気づき、それを暴き出そうとするが、その過程でシャオチンも知らず知らずに巻き込まれていく。

アメリカで人生の洗礼を受けることとなった若者たちが、運命に翻弄されながらも正しい道を進み、成長してゆくサクセスラブストーリー。

帰去来
話数:全50話一挙配信
視聴料金:TVOD220円(税込)/各話、EST440円(税込)/各話※複数話、全話パックあり
配信プラットフォーム:ビデオマーケット、Rakuten TV

RECOMMENDEDおすすめの記事


関連する記事

ランキング