中国経済

抖音や快手、中国ショートムービー各社が見据える巨大な市場とは?

ショートムービーというサービスをご存知でしょうか。ユーザーが作った動画でありながらYouTubeとも違う、1分程度の短い作品がショートムービーであり、このサービスが日本では若者を中心に魅了しています。このブームの火付け役 […]

「音声コンテンツの価値を最大化する」シマラヤジャパンCEO 安陽氏に聞く過去・現在・未来

忙しい現代人は常にスマートフォンを片手に最新情報を収集し、様々な娯楽を享受しています。これにより企業はユーザーの可処分時間をどのように獲得していくか、試行錯誤しています。こうした中、単なる娯楽コンテンツではなく、「ために […]

中国eスポーツ、「テンセント」がキープレーヤーといわれる3つの理由

中国では、2003年に国家体育総局の許可によりeスポーツが正式なスポーツ競技として認められました。今から17年ほど前の中国において、eスポーツは注目された産業であったわけですが、とりわけここ数年は資金力がついたことで、中 […]

2020年ゲーム業界の勢力図に変化はあるか?日本市場において注目すべき中国のゲーム関連企業

2018年、中国国内ではゲームをリリースするために必要な審査を約9カ月停止。新作ゲームをリリースできなくなったため、この穴を埋めるべく、多くの中国企業が新たな市場を求めて海外進出を加速させていきました。結果、この1、2年 […]

中国ファストファッション「URBAN REVIVO」の世界展開から目が離せない!

全ては日本にあるファストファッションブランドZARAの店舗から始まった、と言っても過言ではないでしょう。 中国ファストファッションブランド「URBAN REVIVO(快尚時装)」の創業者である李明光(リー・ミングアン)は […]

子供の手

【これからパパママになる方へ】中国メディアが考える「2020年代にすべき教育」

 1985〜90年代の生まれの人が、2020年代には親になろうとしている。これからの親たちは、以前とは違う全く新しい教育問題に直面するだろう。中国経済メディア「経済日報」は、「これからの子供たちをどのように教育すべきなの […]

北京市、配達員に「会わない出前」を指示

 中国の新型コロナウイルス感染者は、アリペイ(支付宝)アプリ内に開設された新型肺炎対策ページによると6日正午現在、感染者2万8060人(3616人増)、死者546人(71人増)、回復1190人(192人増)と、回復する人 […]

ウイルス感染源か?市場で野生動物販売取り締まり

 新型コロナウイルス感染による肺炎の流行が中国社会を混乱に陥れている。中国メディア「環球時報」では、人間への一次感染は野生動物を食べることによって発生した疑いがあり、これを調査するため深セン市の市場監督管理局が先日、野生 […]

新型コロナウイルスによる損失、飲食業界で週7.5兆円

 新型コロナウイルスの感染者は5日正午現在、感染者2万4363人、死者491人、回復893人となっており、回復する人がペースを上げて増加しているようだ。  しかしながら、新型コロナウイルスが中国経済に与えた損失は大きい。 […]

医師が解説「湖北省で死亡率が高い理由」

 紅星新聞によると3日、中国国営放送CCTV(中国中央電視台)の番組「ニュース1+1」にゲストとして出演した中国工程院院士、国家衛生健委員会上級専門家グループの李蘭娟医師は、湖北省の新型コロナウイルスによる肺炎患者の死亡 […]