ネクストブーム候補の中国コスメ「完美日記」がかなりかわいい!

最近、完璧に作り込まれた“チャイボーグメイク”がTwitterで話題になっていますが、これにあわせて中国メーカーのコスメブランドも注目度が上がっています! そこで今回は、その中から中国の写真共有SNS「小紅書(RED)」 […]

簡潔に書くのがポイント!中国語ビジネスメールのマナーとフレーズ

中国のビジネスシーンでは日本と違う作法があります。今回は、ビジネスメールを書くなら覚えておきたいマナーやフレーズをご紹介します。 【ビジネスメールのマナー】 挨拶は短く、単刀直入に 中国語のメールでは「お世話になっており […]

抖音や快手、中国ショートムービー各社が見据える巨大な市場とは?

ショートムービーというサービスをご存知でしょうか。ユーザーが作った動画でありながらYouTubeとも違う、1分程度の短い作品がショートムービーであり、このサービスが日本では若者を中心に魅了しています。このブームの火付け役 […]

あらすじ、キャストは?中国の大型ラブ史劇「招揺<ショウヨウ>」5月19日からTV初放送

中国ドラマ 「招揺<ショウヨウ>」 が、2020年5月19日(火)よりCS放送 「女性チャンネル♪LaLaTV」で放送されます。GW中の5月3日(日)16時〜は、第1話の先行放送も決定しています。 “圧倒的な […]

「音声コンテンツの価値を最大化する」シマラヤジャパンCEO 安陽氏に聞く過去・現在・未来

忙しい現代人は常にスマートフォンを片手に最新情報を収集し、様々な娯楽を享受しています。これにより企業はユーザーの可処分時間をどのように獲得していくか、試行錯誤しています。こうした中、単なる娯楽コンテンツではなく、「ために […]

日本人は「冷たい」が好き?日本でのカルチャーショック

こんにちは。私は日本に来ている中国人留学生です。大学3年生のころから、東京にある大学で語学留学をしており、今年で留学3年目になります。今回は、日本での留学生活で感じたカルチャーショックをみなさんにシェアしたいと思います。 […]

スタバにショートがない?中国でのカルチャーショック

今回は、筆者が2011年に中国大連市に留学した時に感じた「カルチャーショック5選」をお送りします。当時すでに旧HSK8級(現HSK6級相当)を取得しており、ある程度中国語を話せる状態だったので大きな心配はしていなかったの […]

中国eスポーツ、「テンセント」がキープレーヤーといわれる3つの理由

中国では、2003年に国家体育総局の許可によりeスポーツが正式なスポーツ競技として認められました。今から17年ほど前の中国において、eスポーツは注目された産業であったわけですが、とりわけここ数年は資金力がついたことで、中 […]

北京と上海の特徴は?「省民性」から見る中国

中国は広い。国土は約960万平方キロメートルで日本の約26倍、人口も14億人あまりとスケールの大きい国のため、一概に「中国人は○○だ」と言い切ることは難しいのです。そこで、日本の県民性のように語られる「省民性」に注目。今 […]

【中国ニュース読み解き】学校再開の状況はいかに?学歴社会ならではの苦悩

中国の“巣ごもり生活”で大きな問題となったのが教育でした。当初は春節(旧正月)終了と同時に学校が再開され、学生たちは学校生活へと戻っていくはずでしたが、新型コロナウイルスの再拡大に神経をとがらせている中国では、学生たちが […]

2020年ゲーム業界の勢力図に変化はあるか?日本市場において注目すべき中国のゲーム関連企業

2018年、中国国内ではゲームをリリースするために必要な審査を約9カ月停止。新作ゲームをリリースできなくなったため、この穴を埋めるべく、多くの中国企業が新たな市場を求めて海外進出を加速させていきました。結果、この1、2年 […]